fc2ブログ

11月以来の更新じゃ!

皆様こんにちは。
Toppiy38です。

ご無沙汰しちゃいました。

秋ごろから更新しておらず、ついにブログも終了したか?と思われたかもしれませんね。

ところがどっこい原稿は書いておりまして、何が問題かと言いますとブログ更新のためにパソコンを起動するのが面倒!という事が主な原因でした。

以前はとにかく自宅ノートPCをいつでも起動してヒロセLionのチャートを開きながら寝転んでトレードしていたのですが、昨年はヒロセLionでのトレードはゼロ。

代用有価証券を利用したDMM.FXでのトレードがほとんどに。

更にトレード頻度も随分少なくなったため、スマホで十分トレード出来てしまっております。

となるとメールチェックぐらいしかPCを立ち上げる事も無くなり、たまに立ち上げるとセキュリティソフトやら更新プログラムがあれこれ動き、なかなか作業に移れずイライラ。

という感じで、ブログ原稿は在れどもアップロードしない状態が続くことになりました。


あとはブログに載せるような記事もなかなかないという切実な理由もありますね。

私はあまり毎週いくら稼いだとか実績を掲載すると、結局それがプレッシャーになりトレードも失敗しやすくなる。

そのためトレード実績というネタも出来ないし、手法公開!なんて大それた事も出来ない。

いわゆるネタなしお手上げ状態というやつです。


もう一つ理由を挙げれば、以前のブログ仲間さんがほとんど更新を辞めてしまった事もあると思います。

頑張って更新しても足跡に何もないとホントに寂しいものです。

といった感じでネガティブな事を色々と並べましたが、じゃあToppiyもブログをついに辞めるのかと言いますと、結論は『辞めません』となります。

やっぱりX「旧Twitter」にはない自己表現の場だし、考えをまとめたり過去の振り返りをするにはブログは良いツールだと思っております。

似たようなツールとして『note』もあるのですが、これから新たに始めるならアリですが、今から始めるのも面倒で。

まぁそんな感じなので、まだまだしつこくブログは続けますので懲りずにお付き合い下さいね。


で、で、まさかのここまでは前振り(爆)。

一応これまでサボった分、最近どうしていたかぐらい書いておきます。


FX関係のトレードは先ほども書いた代用証券を使った裁量トレードをDMM.FXで、あとはのんびり手動リピーみたいな事をLightFXでやっております。

裁量トレードはドル円、豪ドル円、ユーロ円辺りを1時間足見ながら。

手動リピートはドルスイスフランのみ4時間足を見ながら行っております。

昨年は11月まで順調にトレードを重ね、年初に行ったTQQQの大型損切りもカバーしつつ更に十分な利益も上げる感じでしたが、12月に欲を出して大失敗しせっかくの利益を吹っ飛ばしてしまいました。

何とか年間トータルでは黒字で終わる事は出来ましたが、やはり12月のトレードは悔しい限りでした。

裁量トレードは3万通貨でトレードする事が多いので、油断すると一気に含み損も拡大します。

そんな状態なのに年間利益を守りたいために損切りを躊躇してしまったのが大きな原因でした。

そんなこんなの2023年でしたが、まずは黒字で終われた事を素直に喜ばないといけませんね。


以前は流行りものにあれこれ手を出してコントロールできない状態でしたが、2023年は大分その辺りも整理出来ました。

Xなどで流行っている物は大抵上手くは続かないし、そもそも良く分からず始めるから耐えなければいけない状況で耐えられない。

だから仮に始めるにしてもその流行りものに適した中長期的なエントリー水準まではしっかり待ってから始めるのが良いと思いました。

変わったと言えば資金の流れも変わりました。

FXで得た利益をFXへの再投資として使わず、現物株やETFの購入に充てるようにしました。

現物株などはレバレッジが無い分資産が増えないかと思いきや、しっかり増えるし配当も出るしと、とても精神的にゆとりを得られる結果となりました。

安くなっても銘柄さえしっかりした株であれば、それはバーゲンセール。

ロスカットもありませんから、じっくり構る事も出来ます。

この現物マインドは気持ちに余裕を大きく与えてくれましたので、ホントにおススメです。


あと追加資金を原則考えていないため、無理なポジションもあまり取らなくなったし、基本プラススワップ側にのみエントリーするようにしたため、苦し紛れの両建てをしなくなりました。

両建てはまず成功しません。

利益の出ている状態での両建てはまだしも、含み損が拡大する状態で損切りできずの両建てはポジった所でジエンドだと思ったほうが良いです。

それなら両建てを考えたポイントで一部でも損切りを素直にする。

これも出来るようになると精神的に楽になりますので騙されたと思ってやってみて下さい。


五月雨式にあれこれ書きましたが、以上のような改善などもあって相場にドキドキする事はかなり減った気がします。


でもまだまだ感情的飛び付きエントリーはしますし、塩漬けポジションも作ってます。

それでもヒントは得られましたし、そのヒントからトレードの自信につなげたいと思っております。

なので、ブログも言語化メリットを享受するためまだまだ続けますからね。

2024年もどうぞよろしくお願い致します。

☆追伸☆
ブログ仲間の更新がない!なんて愚痴を書きましたところ、まさかRyoko姉さんが久しぶりのブログ更新してました。
ウレシイものです。
さらに姉さんはもっと嬉しいニュースも書かれていたので、ぜひ訪問して下さいませ!
スポンサーサイト



練習口座がさっそく壊滅…。

皆様こんにちは。

Toppiy38です。

随分ご無沙汰しております。


いつの間には猛暑も終わり、秋真っただ中な陽気は何とも貴重な存在ですね。

あっという間に冬になってしまうのかもしれませんが、この快適な陽気を少しでも満喫していきましょう。

そんな私はやっとこさソロキャンプに行くことが出来ました。


また富士五湖西湖の畔にある紅葉台キャンプ場です。

今回で2回目。

平日に行ったため静かにのんびり過ごせました。

今回は初めてタープやオイルランタンを試したり、ゆったり出来るよう大きめのテーブル、イスも準備しました。

そしてレイトチェックアウトも利用したことで、とてものんびり出来ました。

キャンプ場から近所にある紅葉台~三湖台までの東海自然道も歩くことが出来ました。

まだ日中は汗ばむ陽気でしたが、夜は肌寒いくらい。

焚き火も楽しめましたよ。

今シーズンは何とかあと一回は行きたい所です。

頑張って時間を調整いたいと思います。

~*~

さてトレード。

こちらも変わらず頑張っております。

メイ口座のDMMは順調に証拠金を増やすことが出来ております。

でも練習口座のTitanFXはなぜかズタボロ…。

そしてついに証拠金が枯渇して終了。


理由は以下の通り。

① 証拠金が少ないためSLがシビア。

② 利確した後、調子に乗ってすぐにエントリーして自爆。

もうこの2点に尽きます。


メイン口座は株の担保もありますが、証拠金もしっかり入れてあるためゆとりのあるトレードが出来ております。

悪く言うとかなりいい加減なトレードルールで何とかなっているだけ、といった感じ。

ただ月間目標を8~10万円程度にしているため、それほどリスキーなポジションを取らずとも良いのが結果に表れているのだと思います。


むやみやたらとナンピンもしないのもお気に入りです。

以前はある程度下がると値ごろ感からナンピンをしていましたが、最近はトレンド転換を確認してから追加ポジションを取るようにしています。

もちろん毎回うまく行く訳でなく、完全に中長期トレンドが崩れた場合は、分割で退却するようにもしています。

とにかくコツコツドカンだけは避けないといけませんので。


こんな感じで割とうまく行っているのですが、なぜわざわざ別の練習口座を運用したのか。

それは「精度アップ」のためなんです。

今はメイン口座の利益目標を月額8~10万円程度としていますが、これを次のレベルに持って行くためには現在の甘々なトレードではズタボロになるのは目に見えています。


そこで「精度アップ」と「トレードスタイルの整理」を行うために練習口座を使ってみました。

ただその目的がいつの間にかおざなりになってしまい、ムキになって無理やりトレードを増やしてしまうのが問題なんですよね。


今一度、練習口座で何をしたいのかキチンと整理しないとイケませんね。

改めて練習口座をスタートする場合は、国内業者にするかもしれません。

あまりハイレバレッジが役に立たなかったから…。


次のブログ更新は下手すると年末かもしれませんが、皆さま元気に過ごして下さいね!

オフ会開催しちゃいました!

皆様こんにちは。Toppiy38です。

8月も中旬ですが、暑さに負けずにブログ更新しましょう。


さて7月は猛暑に次ぐ猛暑だったこともあり、やる気根こそぎ奪われた感じでした。

しかも健康診断で初めて精密検査が出てしまった事もあり、さらに元気出すのが難しい月でした。

キャンプも相変わらず出かけられずですし、完全に干乾びモード。


ただ初めてTwitter仲間でのオフ会を実現する事が出来て、月末やっとこさ元気になりました。

昔はブログ仲間でもオフ会を開いていましたが、皆さんお忙しくブログ更新もほとんどされない状態なので、資産運用やトレードに関するぶっちゃけトークに飢えておりました。

そしてコロナ禍も落ち着いた今こそ実行すべしとダメもとで募集を掛けた所、なんと5名の方から出席OKを戴きました。

集まってみればほぼ同世代のおっちゃんで、トレード話だけでなく様々な話題で大盛り上がり。

飲み放題3時間はあっという間、更にそのあと2時間追加しちゃいました。

オフ会自体初めてという方も居ましたが、どうやら楽しんでもらえたようなので一安心。

またこの愉快なメンバーでオフ会を開催したいと思っております。

~*~

さて7月のトレード。

中旬までは順調に利確を重ねておりましたが、月後半から円高方向へ戻りなく進んだことで一気に証拠金維持率が300~500%あたりと厳しくなりました。

含み損は1時間足の調整戻りなどで脱出するスタイルだったため、今回のような戻りがない値動きは対応できない現状でした。

7月28日の金融政策決定会合でYCC(イールドカーブ・コントロール)に関する憶測もあり、このまま長期トレンドも円高に切り替わるとキツイと判断し一旦手持ちのドル円ロングを損切りしました。

その後、実際に日銀政策会合が行われ政策発表が植田総裁から発表されると、今度は一気に円安に。たしか3円程度は動いたのでは。

ただそれでは終わらずに再度円高に急落。

そして結局はそこ(138円付近)から142.50円までほぼ一直線に円が売られる事に。

完全に一喜一憂相場の体でしたがドル円の損切り分を少しでもカバーすること、更に豪ドル円の塩ポジもここで何とかしたいと細かく売買したことで、何とか7月の裁量トレード結果はプラスまで戻すことが出来ました。


しかしとにかく疲れた事は確か。

適正レベルでの損切りをキチンと実行しないと、運頼みトレードがどんどん多くなってしまいます。

やはり『型』が必要なんです。

これまでうん十年出来なかったトレードの『型』が簡単に身につくとは思えませんが、完全正解でなくとも現行スタイルからの改善を目指す事をチャレンジしてみようかと思っております。

【考察】トラリピなどのリピート系トレードについて

皆様こんにちは。

Toppiy38です。

相変わらずキャンプにも行けず、ストレスからかアトピー性皮膚炎は酷くなってしまい、更にキャンプへ行く気力も無くなる悪循環。

なんとコロナにも罹ってしまい、6月は本当にキツかったです。

とりあえず何らかの気分転換を行ってバイオリズムを整えないとイケませんね。

~*~

さて遅くなりましたが6月のトレード。

一方的な円安の流れが続いた事もあり、トレンドフォローにとってトレードし易い環境だったかもしれません。

おかげで、6月の第4週末時点で20万円を裁量トレードだけで突破することが出来ました。

前回の記事にも書きましたが【ノルマではないけど目標】として、一番高い目標が月額10万円の突破ですから、その2倍まで達成してしまいました。

あまりに出来過ぎなので、6月はラストの1週間をノートレードで敢えて過ごす一週間としました。

やはりポジションを取るという事自体が、損失リスクとなりますからね。

もちろん1円でも多く稼ぎたい気持ちはありますが、それほど体調が良いとも言えない状態なので、休める時は休もうと思った次第です。


ところでTwitterのコメントで「トラリピをメインから外したところ成績が良くなった」と書いたら、賛同のコメントを戴きました。

それについてちょっと考えてみる事に。


トラリピなどのリピート系を減らした自分ですが、代わりに裁量トレードがメインになりました(リピートもゼロではありませんが)。

リピート系の良い所は、仕掛けたイフダン注文が相場の上下に合わせて約定を繰り返し利益の積み上げを行うため、チャートの分析は仕掛けるレンジの確定をする程度で済むことです。

あとは投入する証拠金の量に見合ったポジション量を決めれば誰でもエントリーと利確を半自動的に繰り返すことが出来ます。

逆に裁量トレードが難しいと言われるポイントは、エントリーレベルと出口戦略を常に決断していかなければいけないし、それが失敗となる事も多いからだと思います。

この難しい2つのポイントがリピート系には「無いように見える」ため、初心者は有名インフルエンサーの設定を真似るだけで利益を伸ばせるリピート系を最初に選ぶのかもしれません。

トラリピは1つのポジションがほぼ100%利確で完了します(損切り設定がない場合)。利確できていない場合は、保有継続ポジションです。

ここに裁量が入る余地はほとんどなく、淡々と利確を繰り返します。

裁量が入らない事は悩ましい自分の判断が入らない訳ですからやはり楽ちん。

楽なうえ、M2Jなどの自動売買ツールなら新規注文も自動ですから本当に自動でチャリンチャリン利確されます。

相場の動向を読まなくてよい、細かく幅広く仕掛けるから細かな波でも取りこぼさず利益を積み重ねる事が可能と、とても初心者にも魅力的なフレーズが並びます。

でもFXを始めたばかりの初心者は、このトラリピの原則を実行できるのでしょうか?

『幅広いレンジ』かつ『細かく仕掛け』を実行するには、初心者は証拠金が不足するでしょう。

そもそもこれから資産を増やそうと意気込む初心者です。
それ程は資金も持っていないと思われます。

仮に少ない資金だから安全に広範囲に仕掛ける方も居るでしょうが、利確のペースがSNS上の他のトレーダーと比べ著しく少なければ、より攻撃的な設定に変えるかもしれません。
それも「臨時の」とか言って局所的に密度の濃い仕掛けを行う訳です。

Twitterなどが盛り上がるのは、損切り祭りと利確祭りです。

初心者が羨ましがるのは「利確祭り」。

この時の相場状況は、すでに仕掛けたポジションが利確される状態。

ここで密に仕掛けを追加するという事は、ロングの場合、高値エリアとなる可能性が高くなります。

仕掛けた時「臨時で」とした追加ポジション。

今までの仕掛けより良い感じで利確を繰り返します。

それはそうです。密な仕掛けなんですから。

ただそれも新たな相場の変動で、再びショート側に大きく動くことになります。

その時、こう思うでしょう。

「せっかく臨時で貯めた利益を損切るのはもったいない。たぶん戻るでしょう」と。

一瞬戻りますが、それはあくまでサポートラインを割ったことで発生した損切りの戻りかもしれません。

どんどん下がるローソク足。

追加分の仕掛けがどんどん含み損を加速させます。

もちろん損切りなんて出来ません。

なぜから「せっかくの利確した利益が減ってしまう」から。

無情にも更にレートは下がります。

最初用意した証拠金では維持率が危なくなってきます。

追加した仕掛けが完全に足を引っ張る状態に。

でも高値に仕掛けが貯まっていて損切りすると大変なマイナスに。

だったら証拠金を何とか捻出して維持率を改善しようとします。

一時的に維持率は改善しますが、遥か上方の追加ポジが炎上、かつ利益も上げない状態。すぐにまた維持率が悪化します。

ここでふと思い出します。

「FXは売でも稼げるじゃん」

そう『両建て』です。

証拠金もMAX方式なら維持率は悪化しません。

「これで生き残れる!」と両建ての仕掛けを行います。

しかもコツコツ小ロットではなく、大きな逆ポジションをとる。

しかし大抵この辺りが一つのレジスタンスライン。

急にロング方向に切り替わります。

そして出来上がるのが、『又裂き両建て』です。

あとは損切りの決断をするかしないか…。


とまぁ、良くある1パターンではありますが、私もしばしば体験した流れなんです。

リセットしてもまた通常のリピート系で運用すると大抵同じ結果に終わります。

仕掛けレンジの想定が甘いという気もしますが、結局レンジを広げすぎると資金効率が落ちてしまうため、甘めのレンジ設定にしてしまうのだと思います。

で、これらの失敗を繰り返さないために生み出されたのが、たぶん「多通貨すくみリピート」なんだと思います。

証拠金を一種類の通貨ペアに集中させず相関関係が低い通貨ペアを複数運用する事で常に何らかのペアが勝つ状況にするというもの。

実際に数種類の「すくみ」設定は、とても優秀な成績をTwitterに挙げており、その設定をコピーして運用する方も続出しております。

ただしこの手法もあくまで過去の動向を元に組み合わされているので、長期的な動向の変化によっては、破綻する可能性はゼロではありません。

ならやってはいけないのか?

私はやりませんが、実施したとしても手持ち資産の一部を使う程度にすべきかと思います。

3通貨ペアで実施していて1通貨ペアが何等か破綻すれば、30~40%程度のダメージが起こる可能性が高くなります。

このダメージをケアするための資金や他の手法でカバーするための資金になる訳です。

いろいろ書いてきましたが、手持ち資産の大半を投入べきではないというのが、今の私の結論です。

リピート系手法も、例えば安値圏でのロングに限って運用すれば、かなり安全なスタイルだと思いますし、それを実行するためにすぐにうまくなる必要はないけど裁量トレードの練習をコツコツ続けるのは、長期、中期、短期のチャートを読めるようになる利点がたっぷりあります。

安全なリピート系と裁量トレードの知識と経験が揃った時、相乗効果が爆発するのかもしれません。

強いトレンドが発生している最中の中期トレンド内で、強いサポートラインをバックにリピート系もどきの分割エントリーを仕掛ける。

長期のトレンドが崩れたら、完全撤退。

分かりやすいですね。

これでも十分利益は積み上げる事は可能です。

事実、私は利益を出せておりますし、塩漬けポジションも激減しています。


裁量はリスクが高いから危険?

そんなことはありません。

リスクが高くなるのは、儲けを必要以上に望むからです。

そして裁量トレードは相場状況によっては、稼げるし稼げないしの波もあります。

だから想定利益の目標は「min○○円~MAX○○円」と幅を持たせると無理なトレードを減らすことが出来ます。

何度だって書きますが、裁量トレードは難しくないし危険でもありません。

難しく危険にさせるのは、トレーダー自身なんです。

実はトラリピだって最後の出口(終わらせ方)は裁量なんですよ。

勝手に運用を終わらせないですからね。

リピート系が稼げない成功しない理由は、ずばり「勉強不足」といって良いかと思います。

トラリピだって相場を学べば負けにくく勝ちやすくもなります。

そんな気付きの一助となれば、今回の記事も役に立ったと言えますね。

今年は未だにキャンプに行けず狂いそう…。

皆様こんにちは。

Toppiy38です。

もう6月ですよ。

3月に今シーズンのスキー納めをしてから気持ちはソロキャンプ一色ですが、金曜日になかなか休みが取れずやっと休みが取れそうという週末の天気は悪かったりで、5月になっても未だ一度も今シーズンキャンプどころかハイキングにも行けていません。

おかげでストレスの蓄積もなかなかにクライマックスレベル。

お肌も荒れちゃう程です(アトピーでいつも荒れていますが…)。

6月はどうせ梅雨だし、7月8月は夏休みでチビッ子だらけになるから行きたくないし。

このままだと秋まで待たないと行けない?

考えただけでゾッとします。

最近始めた包丁研ぎでもひたすら修練しますか…。

包丁研ぎについてブログに書きだすと、多分止まらなくなるので今回は書きません…。

~*~

さて5月のトレード振り返り。

ゴールデンウィークなどあった割に、トレード成績はまずまずで終わることが出来ました。

相場に助けられた事もありますし、長期にわたって蓄積したプラススワップにも助けられました。


最近のトレードですが、とにかく①上位足でトレンドが発生している、②仕掛ける方向はプラススワップ側のみという2点を基本的に守るようにしています。

これで多少の塩漬けポジションとなっても現在の高スワップで損益分岐ラインも下がってきますし、トレンド方向への潜在的圧力も加わるため負けにくい状況でトレードできているのかもしれません。

あと塩漬けになりかけても、むやみやたらとナンピンもしないようにしています。

少なくともトレード時間足以下で、逆トレンドから順行トレンドへ変わらない限り追加のポジションは取りません。


前はトレード時間足でのサポートラインを割ったら損切りなどしていたのですが、現在は完全に長期(中期)トレンドが崩れない限り、損切りはしないようにしています。

また等間隔で機械的にポジションを追加するリピート系と同じやり方をすると暴落時に巨額の証拠金が必要になりますが、順行トレンド以外をノートレードとしてホッタラカシにすると意外や意外、それほど証拠金へのダメージは軽いものとなります。

流れに逆らわずに塩漬けポジションを救出するイメージです。

上記はマイスタイルの一部ですが、とにかく無理しないスタイルになりつつあるのかなぁと思いました。


あと決して良くないかもしれませんが、ポジションを取った後10~15Pips程度利益が出ればサッサと建値+1~2Pipsのところに逆指値注文を入れて損失ポジになる事を避ける事も行っています。

SLに掛かってしまえばそれまでだし、10~15Pips動いてから建値まで完全に戻るとダマシであることも多く、改めてもうしばらく様子を見た方が良い場合が多いからです。

とにかく証拠金を減らさない事が大事だと思い、このスタイルになったみたいです。


ノルマではないのですが、1か月のおおよその利確目標を決めたのも無理なトレードが減りつつある原因かもしれません。

毎月々の投資積立ての財源とするために必要な資金をベースに考えますが、基本的には以下の82,000円がフルスペックの満点ゴールとなります。

 ①iDeCo積立て :月額20,000円
 ②ウェルスナビ:月額10,000円
 ③一株積立て :月額52,000円

最初は何が何でも8万円みたいな気持ちでトレードしていましたが最近は予備資金からの補填も数カ月であれば出来るから足りなくてもいいや、みたいなマインドになっています。
(それでもiDeCoとウェルスナビくらいは、何とかしたいですが…)

無理せずとも週に何度かくる分かりやすいトレンドにササっと乗っかるだけと思えば随分シンプルでしょう。

実際のところ、このイメージでトレードを行うようになってから逆に月半ばで満点ゴールにたどり着くようになりました。

慢心はしちゃいけませんが、多少の自信にもつながっています。

もちろん更なるトレードの精度は上げたいと思っていますので、これからも自分に負荷のかかりにくいトレードスタイルを構築していこうと思います。
プロフィール

toppiy38

Author:toppiy38
老後といわず人生の節目に備えるため、小銭を蓄え続ける派遣社員です。

忍者RSS
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR