FC2ブログ

目標にするなら「できる」事からやりましょう!

2018年も3月に入ってしまいました。

本当に早いものです。

確定申告も何とか無事済ませホッとしているところですが、今年も文句なしの【還付申告】となってしまいました。

もちろん悔しいのですが、正直年間損益を集計するたびに本当にこのまま今のトレード続けて言って良いものなのかなぁ、なんてしみじみ思う訳です。

別にトレードをやめたるで!という事ではないんですよ。

いつも悶々と思っていることですから。

でも頑張ればその分しっかり稼げる訳ではないのがトレードと分かってはいるのですが、大きな負けが続いたり悲しい年間収益の結果を目の当たりにすると、どうしてもそんな気持ちになってしまいます。


いつも同じ失敗に【ゴールイン】してしまう悪癖をどうにかしないと、いつまでたってもコツコツドッカーンの無限ループから逃れることはできません。

先日も【近視眼的トレード】が私の弱点・悪癖と書きましたが、それに対する処方箋を実行しているところです。

60分足と5分足を同時に見ているので、だいぶヘンテコなエントリーは減った気がします(あくまで気がするだけ?)。


ただ今考えているのは「これでもまだまだ近視眼的」ということ。

局地戦ではそれなりに勝てても、結局ひと相場のトータルでは【大負け】している訳で…。


それでも一応ちょっとした【前進】はしていると思っていたのですよ。

それは【ものすごい利益を追い求めなくなった】事。


う~ん、レベルが低い。


これは果たして【前進】なんでしょうか?

え~と、一応アホみたいにエントリーすることは無くなったんです。

・・・。


う~ん、これは重病人がちょっと症状が良くなったぐらいですね。


【それなりに損切りするようになりました!】という事でしょうか?


【それなり】。

いやいや、それなりの損切りだから、もっとタチが悪い!

それなりに損切りはしていますが【それなりに】損切りできなかったポジションが、今回の下落相場でしっかり塩漬けされております。


これじゃ、昨年の200万円の損切りが意味無い訳ですよ。


もちろん今回の含み損が200万円と言うことはありませんが、ずいぶんとひどいレベルでのポジションはしっかり持っております。

また数年後、いや数ヵ月後、いやいや数週間後に【ビックリ損切り!】する訳です・・・。


そんなこんなで、根本的なトレードに対する修正を行おうかなと思っております。

3月4月は情報収集とテスト期間。5月あたりから実戦に移れるようなスケジュールで。


あまりのんびりもできない理由があります。


それは「Toppiyさんの小遣いが底を付いてしまう!」という事。


そう、私の小遣いは自分のトレードで稼いだ分だからなんです!


我が家はかなりキュウキュウな台所事情なのでこれも仕方ないのですが「自分の小遣いはトレードで稼ぐ!」などと大見得を切ってしまった手前、何とかしないといけない訳です(涙)。

ちなみに自分の給与収入は、すべて家計とまじめな資産運用に消えてしまいます。

なので、自分の小遣い程度を稼げるトレード力があれば言うことないのですが・・・。


こんな風に多くは望まないのですが、それもダメダメ。

もう涙が出ちゃいます・・・。

そんな状況を打破しないと、飲み会にも顔を出せませんし旅行にもいけません。奥さんの笑顔も見れません(?)。


もう少し、ゆったりのんびりなトレード。

⇒【大局観】を大切にして逆らわない。


それである程度小遣いみたいな金額を得られれば良い。

⇒【無茶なトレード】はしない。


そんなトレードを目指さないといけませんね。


ということで、引き続き頑張るッス!!!

*─────────────────────────────*

≪松竹梅トレード2018≫

 9週目(2018/2/26~)、10週目(2018/3/5~)、11週目(2018/3/11~)

 【勝ち松】 1回(15,000円~)
 【勝ち竹】 6回(10,000円~14,999円)   ←9週目、11週目  
 【勝ち梅】 1回( 5,000円~ 9,999円)  
 【未達成】 0回(0円~4,999円)   
 【負け梅】 3回(△1円~△9,999円)    ←10週目
 【負け竹】 0回(△10,000円~△14,999円)
 【負け松】 0回(△15,000円~)

 ≪8勝-3敗-0分け≫

※松竹梅トレードは1週間のトレード目標をおおよそ決めて、欲張り過ぎず
 無理のないトレードスタイルを身に着けることを目的にしています。

ブログ更新、サボってしまいました!

第9週。素人目線ですが、神経質な値動きが続いている気がします。
キレイなトレンドが出にくい状況なんでしょうね。
そんな1週間、とったりとられたりの繰り返し。
結構疲れました。

第10週目
損切りが連続してしまった際に、プツリと気持ちが切れてしまいました。
ルール無用の往復ビンタトレードをやってしまい、あえなく撃沈。

第11週目
新しいスタイルでのトレード。1週間を通じて持ち越しの塩漬けポジションはゼロ。もちろん収益は減りましたが、何と言いましょうか「すごくスッキリ」しました。

~*~

で、上の記事にも書いたのですが、支離滅裂トレードを解消するために新たなチャレンジを行うことにしました。

これは【トレードしたくても我慢する!】というメインコンセプト。

新しいスタイルは現状「たった一つのエントリー条件」に絞っています。

そのわずか1つの条件すら守れないとは、いかがなものか!という事で、エントリーに対する【待つこと】を訓練しています。

これが思いのほか機能していまして、帰宅後の四六時中チャートに張り付くこともだいぶ減っております。

その割になんと「竹勝ち」まで達成してしまいました。

まぁかなりまぐれな所もありましたが、成功体験を増やして一つの形にしていきたいと思います。


これがうまくいけば、相当トレードが生活に及ぼす影響が緩和されるはずなんですよね。

【下手な鉄砲、数撃ちゃ危険】といったToppiyトレード語録。

もう少し、狙いを定めて相場に臨もうとたくらんでおります。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

れすさん、こちらこそ感謝です!
ダブルボトムひとつとっても、トレードスタイルが異なれば見方も変わってしまうのですね。
マルチタイムフレームも気にし過ぎは逆に混乱の元なのかもしれません。
1時間足でとるべきトレードをすればよい訳で、日足、4時間足等は参考程度で良いのでしょう。
エントリーや出口の精度アップで5分足、といった感じで割り切ってみております。
横軸のイメージも結構意識するようにしてみました。
ひと山作るのにおおよそ必要な本数やもみ合った本数など。
インジケーターよりよっぽど参考になる気がしております。
これからもアドバイスよろしくお願いしますね!

今更ながらコメントw

なるです。またまたダブルボトム。。自分の場合ダブルボトムでのエントリーは基本的にトレンドの価格を取り切ってない場合にしか殆ど使ってなかったりします。なので基本エントリーじゃなく、どっちかっていうとイグジットに使う場合が多いです。(理由は前のコメの通り基本、逆張りのフォーメーションだと思っているので)あと基本、逆張りはフォーメーションをやり切ったらトレンド方向に抜けてくるので天底で掴まされる場合が多く、リスクリワード的に失格。それを避けて利食い余地を作る為に時間軸を短期にして見ても信ぴょう性の部分でこれまたリスクリワード的に失格だと思っています。横軸。。横軸はマルチタイムフレーム分析的に見ると基本は上位、下位時間軸の整合性ガーって感じになると思いますが、正直、それは方便、もしくは基本的な知識であって、実はあまり実践的ではないな~っと思ったりします。あくまで個人的な意見ですが、上位、下位時間軸での整合性なんかは基本、大きな時間軸で目途を作り(ここは一度見れば十分)波形が見やすいメインを基本的に見て、エントリーやイグジット直前に短期を見る程度で十分だと思います。横軸は上位、下位って部分より、見てるチャートがあと何分、何時間くらいで動きだすのか、それをある程度の精度で当てる法則というか、そういう部分を重点的に理解していった方が良いかなと思ったりします。。ってホンマに人様のブログで長々と主観を述べてすみません。反省のため当分消えます。。m(_ _)m 

No title

れすさん、さらに感謝!
騙しといっても、本当の騙しというよりレンジに戻す力がまだまだ強かったというだけなんでしょうね。
上位時間足はトレンド、その押しを取りたいという事での短期時間足の逆張りをやろうかなといった感じなんです。
なのでダブルボトムなどはある意味誰が見ても転換近しというサインなので、そこから発生するトレンドの一部を頂こうというものなんです。
確かに水平線をどこにするか、どう抜けるかを重点的に見ちゃっていますね。
横軸がある程度の塊になった方が次のパワーにつながると分かっていても多分下位時間足レベルのチャートパターンでエントリーしてしまうのだと思います。
あまり何時間足に固定せず自分がトレードしやすい時間足を探した方が良いのかもしれませんね。
まだまだ頭の中の整理が必要みたいです。

なるです。

ブレイクアウトの騙し。。個人的に思うのは騙しは短期が殆どで、受給的に見ると騙しは出るべくして出てる場合が多いので、短期足を避けるとある程度は改善されるかなと思います(もしくはチャートが価格を取り切ってるかをある程度正確に判断するか)あとタイミングの部分は横軸の理をもう少し詰めるって部分が大事やと思います。中々勝てない人の多くは縦軸の判断ばかりで横軸の理論が抜けてる人が多いかなと個人的には思います。個人的には横軸の理は縦軸と同等以上に大事だと思うので。。ダブルボトム。。なるですwまたまた個人的に思うのはダブルボトムなんかは基本、逆張りの戻しのチャートパターンなので(レンジからの反発、トレンドの戻し、もしくは押し目のキッカケ、当然全てがそうってわけではありませんが基本的にはです)あまりダブルボトムなんかは順張りで使うのは辞めた方がいいかなと思います(トピさんが逆張り中心もしくは、逆張りのポイントでのトレーディングを言ってるなら、なるですが)ってな感じで主観を長々とずみばぜん。。(;・`д・´)

No title

れすさん、アドバイス感謝です!
私の場合は、ブレイクアウトのだましで損切りできずが多いです。
もう少しエントリーを我慢できれば(3点目や5点目など)良いのですが、どうしても短期足を都合よく見てしまい、後悔ポジとなってしまいます。
なので、とにかく前回高値更新後の戻りを待つ、戻ってこなければスルーができるような修練をするしかないなぁと考えております。
また悩みどころは、それぞれの時間足で波形を見るときにどの大きさの波で見るのかが安定しないところなんですよね。
1時間足でもザックリ見てもダブルボトム、細かく見れもさらにダブルボトム。どこもかしこもダブルボトムみたいにギャグ状態です…。
自分の物差しを作るしかないのですが、目移りしちゃってこちらも都合よく解釈しちゃうのですよね。

のもです。

コツドカですか~う~む。。個人的に思うのはコツドカって多くの場合どっちかに対応出来てない時に起こりやすいかなと思ったりします。。レンジばかりを見てるとトレンドが出来た時にドカっとやられる。トレンドばかり見てるとレンジの時に往復ビンタで結果ドカっとやられるって感じで。。一方方向に見過ぎるとって感じなのでやはりメイン(レンジかトレンド)をどっちかにバイアスをかけてやるとコツドカは解消しやすくなるかなと思います。。まぁ両方やれれば一番ですが、それは出来る腕があるようになったらの話しで、とりあえずはどっちかだけやるって感じが良いんではないでしょうか。。(;・`д・´)
プロフィール

toppiy38

Author:toppiy38
老後といわず人生の節目に備えるため、小銭を蓄え続ける派遣社員です。

忍者RSS
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR