2連敗を悲しむ暇はない!

皆様、今回の冬季オリンピックはご覧になっていますか?
日本は冬季オリンピックでは最多のメダル獲得数となったこともあり、連日ニュースやワイドショーでも盛り上がりましたね。

そんな中、特に盛り上がったのがカーリング(特に女子のような気もしますが)。

カーリングは着実に競技経験を積み重ねたこともあり、世界ランキングもどんどん上がってきておりますが、どうも競技自体が地味だったこともあり、冬の競技としてはスノーボードハーフパイプやスキーモーグル、フィギュアスケートに人気を取られていました。

ところが競技中の選手にマイクをつけてもらった事で、見る側にとってもカーリングが身近になりました。

さらに女子カーリングの選手の個性も加わって、一気に人気の競技となりました。

「そだね~」は流行語大賞に早くもノミネート?など言われる程です。


一般的な競技と比べ選手生命が長いのもカーリングの特徴。

なので、これからもコツコツと日本のカーリングは強くなっていく気がしますので、今後がとても楽しみです。
(もちろん、他の国もさらに強くなりますが…。)

そのほかの競技についても、ハラハラドキドキさせて頂きました。

何度か損切り、利確し損ねたのも、熱い競技のおかげかもしれませんね(とほほ)。

また4年後を楽しみにしております。

~*~

さてトレード。

今月は【松竹梅トレード】が2連敗中ということもあり、気持ちも沈みがち。

しかしめげていても1円にもならないので、トレード画面の設定をいろいろいじりながらトレードの改善を目指しております。

私のトレードは【近視眼的トレード】が多い事が常に反省点となっているので、そこをまず改善しようとしております。

【近視眼トレード】とは、上位時間足の状況を忘れいつの間にかエントリーのタイミングを計る目的で使用していた5分足チャートを主戦場とするようなトレードです。

具体的には、こんな感じに変更してみました。

使用しているツールは、Lion.Net版。

こちらはExcelみたいにタブ設定でチャートの切り替えが簡単にできるので、重宝しています。

≪旧設定≫
タブを【長期(4時間足)】【中期(1時間足)】【短期(15分足)】【5分足】に分けてそれぞれに【ドル円】【ユーロ円】【ユーロドル】を表示。

2018-02-25_旧トレード画面
画像は【5分足】。2枚のチャートの下にユーロドルの5分足チャートが隠れています。

≪新設定≫
タブ【長期(4時間足)】【中期(1時間足)】は変わらず。
新たに【ドル円(60分足)&(5分足)】【ユーロ円(60分足)&(5分足)】【ユーロドル(60分足)&(5分足)】を設定。
トレード前の環境認識は【中期(1時間足)】を使用、エントリーの際に各通貨ペアのタブに移動。

2018-02-25_新トレード画面
左のチャートが【60分足】、右が【5分足】。
60分足チャートではボリンジャーバンドとの関係をよく見たいので、結構太めの表示にしています。

また旧設定では全てのチャートが移動平均線のみ(100-50-20)でしたが、60分足チャートの設定をボリンジャーバンドと一目均衡表の雲部分、移動平均線(80)に変更しました。

私の悪いクセのひとつとして≪いつの間にか5分足のみトレードとなっている≫がありますが、この悪いクセを克服するための変更です。

まず60分足のボリンジャーバンドにより、これからトレードする相場のトレンド感をつかみ、センターラインの設定を20MAとしてトレンドの方向を判断しています。

一目均衡表の雲を表示させることで、これから先のサポート感や上値の重さ感を判断します。

また期間80のMAを表示させることで、4時間足20MAのトレンド方向も判断に使います。

ただし、4時間足と1時間足のトレンドもそろえば一番よいのですが、そろっていない場合も80MAまでのレジスタンスとして使うこともあります。

この60分足チャートの状況を分析して上で、5分足を使ったトレードをするように心がけることにしました。

結局このルーチンがこれまで実行できていなかったため、5分足のほんの一部の動きで一喜一憂のトレードだった訳です。


またいつもの3通貨ペアが60分足でトレードしたくない形なら、通常の通貨ペア以外の通貨ペアも見るようにしています。

無理に通貨ペアを固定しトレードし辛い環境でトレードすれば失敗する可能性が高くなると思ったからです。

まだこの設定でのトレードは実績が不足しておりますが、少なからず【近視眼的トレード】を減らすことについては、効果を感じております。

またやってみて良かったなぁと感じたのは、60分足のボリンジャーバンド形状をトレードの起点としているため、トレードを開始する時刻にスクイーズからエクスパンションし始めた通貨ペアを探せば、自然トレンドに乗っかったトレードとなるため無駄にレンジ内での往復ビンタも減らせそうです。

まだまだ自分スタイルの確立とはいきませんが、やっちゃいけないと自覚していて治せないポイントぐらいは何とか矯正したいものですね。

*─────────────────────────────*

≪松竹梅トレード2018≫
 8週目(2018/2/19~)

 【勝ち松】 1回(15,000円~)
 【勝ち竹】 4回(10,000円~14,999円)   ←8週目  
 【勝ち梅】 1回( 5,000円~ 9,999円)  
 【未達成】 0回(0円~4,999円)   
 【負け梅】 2回(△1円~△9,999円)
 【負け竹】 0回(△10,000円~△14,999円)
 【負け松】 0回(△15,000円~)

 ≪6勝-2敗-0分け≫

※松竹梅トレードは1週間のトレード目標をおおよそ決めて、欲張り過ぎず
 無理のないトレードスタイルを身に着けることを目的にしています。

第8週。
まだ相場に荒れ模様の残り香も感じられましたが、徐々に売り買い腹の探りあい感が出てきましたね。

しっかり戻りを引き付けて売っていかないと、あっという間に踏みあげられてしまいます。

かく言う私も踏み上げられてしまいました…(涙)。

それでもトレードをショートのみに絞った結果、何とか3連敗は免れることができました。

2月も残りわずか。

何とか、よい流れで3月につなげられたらと思っております。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

れすさん、こんばんは~!
確かに確かに!
分からない事よりわかる事を大事にしたほうが勝てる度合いが高くなりますよね。
今、トレードスタイルの修正を行っているのですが、出来るだけ優位性のあるエントリーをしようとあれこれ悩んでおります。
考えれば考えるほど、エントリーできなくなってしまい、心が折れそうになっちゃいます…。

No title

相場の裏ですか~どうなんでしょうねwただまぁトピさんも十二分に分かってる事やとは思いますが、まずは確率の高い表を前提にするのが良いんではないでしょうか。1つの事を当てっこするのにそこまで意味がなく、何度もやってトータルでプラスを叩くのが投資の本質の一つであるならば、例えば表が7割で裏が3割なら、表を引き続けてプラスを収束させる。トレンドが変わり、裏が表になり7割、表が裏になり3割に変わった事を確認したら、次は裏(表)に賭け続けプラスを収束させるって感じで、素直に確率の高い方に賭け続けるのがプラスを叩き続ける一つの最適解やと思います。まぁパチンコ、スロットで言うボーダー理論みたいなもんですw変なネタ。。ファンダメンタルズ等は最後のところでは分からないので、心構えはしとうZE☆って感じは個人的には大事な事やと思いますwそして繰り返しになりますが、そのネタで表が裏になったらその時はそっちにって感じで良いのではないでしょうか。。お互い生き残り頑張りませう!(;・`д・´)

No title

れすさ~ん、お返事遅れてしまい失礼しました!
円高材料ばかりで、円が売られるネタが見当たりませんね。
そんな時にこそ、変なネタで急に相場のムードが変わるってことあるのでしょうか?
相場の裏を、って言うじゃないですか。
と変なことを妄想しつつ生き残りたいと思いますよ~!

のもです。

トピさん2連敗どんまいです!自分も1月の後半ドル円にボコされましたwにしても直近の相場は日米の中央銀行の総裁人事があったんで、いつも通り為替市場は機関投資家の仕掛けで弄ばれてましたねwまぁ個人的に現状は100円付近までは戻り売りしてたらおkやと見てますが、市場的に怖いのが五輪後の米朝開戦かなと思っております。それも織り込んでの円高かなという部分もあると思うのでトピさんもお気をつけて~(;・`д・´)
プロフィール

toppiy38

Author:toppiy38
老後といわず人生の節目に備えるため、小銭を蓄え続ける派遣社員です。

忍者RSS
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR