リフレッシュは江ノ島。トレードは往復ビンタ。

天気にも恵まれた3連休、皆さまいかがお過ごしでしたか?

私は奥さんと連休中日に神奈川県江の島方面へ出かけてみました。

何となく水族館へ行きたいなぁぐらいの動機でしたが、そういえば新江ノ島水族館って行った事あったっけ?いや無いねぇ、といった感じでした。

やはり思った通りなかなかの混雑ぶりでしたが、イモ洗い状態という程でもなく、少し待っていればほとんどの水槽を見ることが出来ました。

新江ノ島水族館は、世界中の魚介類展示というより水族館近海で見られる魚介類に力を入れているようで展示自体は結構地味でしたが、私は個性があって好きだなぁ。

0_P1000674
0_P1000674 posted by (C)Toppiy41
0_P1000661
0_P1000661 posted by (C)Toppiy41
0_P1000686
0_P1000686 posted by (C)Toppiy41
0_P1000684
0_P1000684 posted by (C)Toppiy41
0_P1000691
0_P1000691 posted by (C)Toppiy41
0_P1000698
0_P1000698 posted by (C)Toppiy41
0_P1000690
0_P1000690 posted by (C)Toppiy41

人混みの隙間からではありましたが、イルカショーも見ちゃいました。
こちらも少し我慢していると、ちびっ子が我慢しきれず戦線離脱。
徐々に視界も開けて行きました。

やはりイルカは賢く可愛いですね~。
あのツルっと感がたまりません。

どちらかというと海より山派な私ですが、ちょっとだけイルカウォッチングなどしてみたくなりますね。


あとこちらの水族館には海洋研究開発機構(JAMSTEC)の潜水調査船「しんかい2000」が機械遺産として展示されていました。

0_P1000700
0_P1000700 posted by (C)Toppiy41
0_P1000702
0_P1000702 posted by (C)Toppiy41
0_P1000704
0_P1000704 posted by (C)Toppiy41

テレビではよく母船につりさげられた潜水調査船の姿を見る事はありますが、実機はなかなか間近で見る事は無いので、かなり興奮してしまいましたよ。

ちなみに閉所恐怖症もどきの私には、とても無理な調査船でした。

直径2.3mの球形エリアに操作盤や機材が設置されている中に、何と3名の乗員が乗り込むそうです。
さらに潜水調査は7時間も行われるそうで、トイレも簡易トイレ(女性はおむつ)だそうでありえませんねぇ。

現在は深度7,000mを目指す戦いを各国が行っているそうで、まだまだロマンのある世界と思いました。

そんなロマンな水族館を後にして、江の島へレッツゴ~!

江の島へと続く橋を渡っていると、遊覧船【べんてん丸】の看板を発見。
何度か江の島には来ているのですが、べんてん丸に乗ったことはありません。

このべんてん丸、なかなかのフットワークを持っていて、わずか7分で一気に島の裏側へ連れて行ってくれます。

1_P1000719
1_P1000719 posted by (C)Toppiy41

そんな素敵なべんてん丸はほとんど漁船。

ザッパ~ン、ザッパ~ンと7分間。

これを1時間やられたら、間違いなくゲロゲ~ロですね。

前の座席に座っていたインド人もびっくりです。
(なんかしゃべってきたけど、よく分からんかった…。)

江の島の裏側には江の島岩屋という洞窟があり、かの弘法大師や源頼朝も訪れたという強力なパワースポットですが、あまりの混雑っぷりにスルー。

201710_江ノ島
201710_江ノ島 posted by (C)Toppiy41

島から出る一本道も結構な渋滞となっており、とてもゆっくり観光しながらお店を見て回るなんて出来ず。

結局神社にお参りして、とっとと帰ってしまいました。

1_P1000727
1_P1000727 posted by (C)Toppiy41
1_P1000734
1_P1000734 posted by (C)Toppiy41
1_P1000733
1_P1000733 posted by (C)Toppiy41

1_P1000726
1_P1000726 posted by (C)Toppiy41


江の島界隈で口にしたのは、水族館でのしらすホットドックのみ。

1_P1000713
1_P1000713 posted by (C)Toppiy41

結局自宅近所でカキづくしとなりました。

201710_江ノ島
201710_江ノ島 posted by (C)Toppiy41
201710_江ノ島
201710_江ノ島 posted by (C)Toppiy41

それでも久しぶりの水族館や観光スポットを巡りました。

疲れますが、やはり良かったです。
リフレッシュ、たまにはするものですね。

~*~

≪松竹梅トレード:30週目(2017/10/2~)、31週(2017/10/9~)≫

 【勝ち松】9回(15,000円~) 
 【勝ち竹】4回(10,000円~14,999円)
 【勝ち梅】5回( 5,000円~ 9,999円) ←30週目
 【未達成】3回(0円~4,999円) ←31週目   
 【負け梅】6回(△1円~△9,999円)
 【負け竹】3回(△10,000円~△14,999円)
 【負け松】1回(△15,000円~)

※松竹梅トレードは1週間のトレード目標をおおよそ決めて、欲張り過ぎず
 無理のないトレードスタイルを身に着けることを目的にしています。

30週目。かろうじて【勝ち梅】に乗っけました。
これで6連勝。
なかなか薄氷な【勝ち】ですが、まぁ仕方ありません。
負けにくいトレードを目指して頑張りますよ~!

31週目。ついに連勝記録が途絶えてしまいました…。
とにかく往復ビンタばかりで、損切の穴埋めばかりとなっております…。

気が付けばレンジの上下限で逆トレードとなってしまっていいます。
もっと4時間、1時間あたりの分析を15分、5分に活かさないといけませんね。
またブレイクアウトなら【だまし=即損切り】は徹底しないと。

基本は【ダマし】と思ってエントリーしたほうが、ダメージも少ないかも。
エントリーした時って【明るい未来】しか考えないんですよね。

それではイカンのです。
しっかりやられた時の事をイメージしてからエントリーしないと。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

toppiy38

Author:toppiy38
老後といわず人生の節目に備えるため、小銭を蓄え続ける派遣社員です。

忍者RSS
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR