私の損切り3大パターン!

東京でも気温が28℃なんて日がビシバシと出てきました。
暑さに弱い私としては、嬉しくない時期が近づいてきているという事です。
やはり着込めば勝てる【寒さ】の方が良いなぁ。

~*~

さて引き続き【復活に向けて頑張ろうトレード】を行っております。

手ごたえとしては1進1退か1.2進1退ぐらいでしょうか?

塩漬けポジションは無し、成績は微益といった感じでしたが、ついにドル円ロングの塩漬けポジを作ってしまいました。

ちょっと油断しちゃいましたね。

しっかり目の買いトレンドが出ていた感じだったこともあり、少々の下落は押目と認識してしまっていたのが間違い。

トランプ大統領のロシアゲートやらなんやらが、ここまで影響してくるとは思いませんでした。

だって最近のトランプネタは【オオカミ少年】だったじゃないですか。

とはいえ[塩漬け]してしまったのは、痛恨のミス。

早急に脱出できるよう考えたいと思います。

~*~

でも上記トレード以外はしっかりと損切りしていますよ。

損切りしつつも、微益ですが利益も積み上げております。

塩漬け大歓迎の時代に比べるとどうしても損切りが多くなってしまうため、利益の伸び率が下がってしまいますが、とにかく【夢に出てくるような含み損】にならないようにしないといけませんね。


さて私が損切になる状況ですが、次のパターンがほとんどです。


まずは第三位!

【第三位】損切りビビりによる一時両建てやられパターン

損切の徹底を目指してはいるのですが、そんな中「まだがんばれそうなポジなんだよねぇ」という「モヤモヤポジ」が出てしまいます。
そんな中途半端な気持ちのため当初設定の損切りレベルを通過してしまう事がまだあります。

そんな時に「一時しのぎ両建て」の誘惑が発生します。

この時【正義の損切りマン】は「戻るか分からないのだから一旦仕切り直すべきだ!」と強くアピールするのですが【悪の塩漬けマン】が「大丈夫、なんの保証もないけどきっと戻るよ。それまで両建てしてしのぎな~」と囁く訳です。

こうなるとフラフラ~っと気持ちが傾き、ポチッと両建てしちゃうのですよねぇ。
なぜか両建てするとその後反転して損切となります。



つづいて第二位!


【第二位】高値更新中のイケイケパニックエントリー

これもたまにですが、やってしまいます。
チャート左側の状況を見た時に【節目】となりやすそうなラインが分かる場合は大丈夫なのですが、火柱のように吹き上がったような状態の場合に、一旦利確してトレードを終わらせたのに、まだ値を伸ばし続けているため半ばパニック的にリエントリーしてしまいます。

このパターンも失敗するとかなり派手な高値・安値つかみとなりますし、反落・反騰した場合も速いスピードとなるため、損切も間に合わず塩漬け化しやすいパターンです。


そして栄えある第一位は?


【第一位】値動きが少なく方向感が出ていない状態なのにエントリー

現状で一番やってしまう損切りパターンです。
値動きが少なく方向感も出ていない【極小レンジ】にもかかわらず、そのレンジを少しでもブレイクするとエントリー、結果高値・安値掴みとなり本当のレンジブレイクで損切りとなります。

このパターンは値動きが少ないという所がポイントで、なかなかエントリーチャンスが来ないイライラ感も手伝いますし、ちょっとしたもみ合いは頻発しますので、これが避けられないとドンドン無駄な損切りが増えてしまいます。


以上が、私の3大損切りパターンとなります。

駄目だという認識はしているので、どんどん悪くなっているという事はないのですが、やはりこれらによって利益は減りますし、やる気も削られてしまいますので、更に減らすことが必要ですね。

「欲は出す」けど「欲張りすぎないよう」に注意して、引き続き頑張って参ります!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

やろころさん、こんばんは~!
一日、一週間、一か月のおおよその利益目標を立ててから、馬鹿的エントリーは減ってきたかもしれません。
でも重要なのは、エントリーの高精度化なんですよね。
パターン化とルーチン構築、地道にやるしかないようです。

No title

自分の負けをパターン化できているなら、
克服する努力はやりやすそうですねー

感情との戦いの部分は、それが自然にできるようになるまでは、
心を鬼にして絶対守るしかないんですかねー
プロフィール

toppiy38

Author:toppiy38
老後といわず人生の節目に備えるため、小銭を蓄え続ける派遣社員です。

画RSS
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR