今こそ初心に帰ってやろう!

皆さま、元気にお過ごしでしょうか?

ちょいと忙しくブログの更新が遅れ気味となっておりますが、無事にトレードはしております。
春、暖かくなるころには、多少余裕も出るかと思います。
トレードの方も隙間を見つけて、試行錯誤を続けております。
そんな訳で「あいつ退場したか?なんて思わないでくださいね!

~*~

年末辺りからのトレードを振り返ってみますと、上手くいったと思うと油断して駄ポジを作って利益を溶かし、回復させるとまた油断して溶かすといった、何とも疲れるトレードが続いておりました。

これが無くなると、いや、減ると随分と成績も良くなるはずなんですが、なかなかそうならない。

それどころか最近のトレードはエントリー数が多くなっており、最初の数トレードはトレードスタイルを守っているのですが、いつの間にかグダグダになってしまう。
このままでは丁半博打になってしまいそうです。


ここ数日「こりゃさすがにまずい」という事で、トレードをほぼ中止し問題を洗い出してみました。
文字色

原因は大きく2つ挙げられます。

①トレードスタイルの構築不足

自分のトレードに自信がない事が一番の原因なんです。

分かっちゃいるんです。

もちろんトレード手法のようなものは考えてはいるのですが、問題なのは「看板を作って満足する」という事なんです。

自分スタイルを考えてエントリーしてもいつの間にかいい加減になっていたり無視したり。

そして失敗トレードを積み重ね、気持ちが切れる。

もう悪循環ですよね。


②稼ぎたい気持ちの暴走

もう一つは「とにかくもっと稼ぎたい!」という気持ちの暴走。

分かっちゃいるんですよ。

前回記事にしたように目標額は定めているのですが、達成してもトレード時間があると更にエントリーしたくなってしまうのです。

達成しているから、エントリーや損切りも甘くなる。そして溶かす。

もう悪循環ですよね。


これら二つの問題は、ず~っと抱え続け解決していない問題なんです。


一つ目の手法については、あ~だこ~だ考えた手法を実践すればよいだけなんです。

なぜ出来ないか?

それは「待てない」という事。

トレンドフォローの押し目待ちという大原則でトレードしているのに、気がづいてみればエントリータイミングを計る役目の5分足でブレイクしたら飛乗っている。

1時間足は下落トレンドなのに5分がちょっと反発したらロングしてしまう訳ですから、もうダメダメな訳です。


これまで何度も同じような努力目標を定めてきて治りませんでした。


原因をもう一度書きましょう。

「待てない」です。

1時間足で次にくる押目のタイミングって少なくと数時間から数日かかる訳です。

だから待てない。実践できない。


それなら少しでもエントリーチャンスを増やしましょう。

どうする。

①通貨ペアでチャンスを増やす

監視する通貨ペアを増やしてみたらどうか?

現在、ドル円、ユーロ円の2通貨でトレードしています。

これにあと1~2通貨ほど足してみたらどうでしょう。

多少はエントリーチャンスが増えて、短気を起こしにくくなるかもしれません。

増やす通貨は、資源国通貨でしょうか?


②トレード判断の時間足を1時間足に限定しない。

一時間足-5分足というペアにこだわり過ぎるのもいかがなものかという事で、他の時間足での押し目も利用するのは如何か?
トレンドはどっかしらの時間足で発生しているものですから。

ただし5分足-1分足なんてやり出すとトレード中毒になりそうなので、次の組み合わせでしばらくウォッチする。

 (1)1時間足-5分足
 (2)30分足-5分足
 (3)15分足-5分足

(2)の組み合わせぐらいが、意外と丁度よかったりして。
(3)だとチャートの形がほとんど同じになってしまいそうだし。

とはいえ①も②もしばらくは封印。

やはりトレードの形をもう少し固めてからトレードを増やすことを考えるべきかと思います。

エントリーチャンスがなければ過去チャート見て「検証」するのも良い事かと思います。

やらねばならん順番をしっかり守らないと、成長できませんからね。


またもう一つの問題である稼ぎたいという気持ち。

これは目標を定めても無駄なんだと思いました。

結局は【稼げる力】を身に着ける事で、どうしても【今】稼がなければいけないというマインドから解放させるしかないのかぁと思っています。


なので、今目指すことは最初の項目である「待てない」事の克服が最優先という事になります。

【押し目トレード】が出来るようになると、トレードする上でかなり優位になると思います。


伸びしろは広く、損切りラインは近め。

いつもは、伸びしろ狭く、損切りライン遠目ですからねぇ。


しばらくは稼ぐより「稼ぐ形」の追求をしてみたいと思います。

頑張ろう!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

kahanamokuさん、お久しぶりです!
まさに金言ですねぇ。
自分が続けられる検証方法を確立しないとず~っと間違い続けてしまいそうです。
検証できるぐらいのトレード数にしないと、単なる無駄打ちになっちゃいますね。
戦死せず戦友でいられるよう、改めて頑張らねばと思いました!

No title

やろころさん、こんばんは~!
完全にドツボにハマってしまいました。
何やっても裏目に出ている状態なので、まずはこの悪循環から抜け出すことが最優先のようです。
自分の基準線を作らんといかんですなぁ。

No title

こんばんは!

Toppiyさんの記事を読んで思い出しました。

私の場合ですが、今のトレードスタイルを確立するきっかけが
毎日のトレード記録を書き込んだチャートコピーを眺めて
いる時でした。

トレード終了後にどうなったかがヒントでした。
こんなに伸びてるのになんでさっさと降りてんの!?
こんなに逆行してるのになんでさっさと降りてないの!?

ってな具合です^^
あっ、決して上から目線ではありません
共に戦う戦友として何かの材料になれば☆^^

No title

アルゴリズムを数式化できるならMT4を始める時ですかね!?

裁量(手動)で私がやっていることは、
・ルール全部は無理なので(^v^;、最低限、死守するルールは決めて守り抜く
⇒エントリーしていたら、どうなったか、結果は見る
・各取引ごとに反省コメントを書く
です。

No title

Ryoko姉さん、こんばんは!
またアドバイスもありがとうございました。

心理学、脳科学、行動学・・・。
何とも敷居が高そうなラインナップですねぇ。
私には相田みつをさんか松岡修造カレンダーあたりが丁度良いかと…。
冗談はさておき、通貨増やすことは確かにその通りですね。
気持ちの余裕は、正直ありません!
焦っています!
それが顕著に出てしまっているようです。
今考えているのは、少しFXの比重を下げる事でしょうか?
どんどん資産が減るのは、やはり精神的に負荷がかかるので、別の手段で少し資金を増やすことも気持ちを楽にさせる効果があるかなぁと思いまして。
まずは気持ちの余裕を少しでも取り戻さないと行けなさそうです。

No title

こんちゃーとぴさん!
とぴさんは一度心理学とか脳科学とか行動学とかの
本を読んだらどうか?なぜ同じことを繰り返してしまうのか、
頭でわかっていても行動が伴わないのはなぜか。。を
メンタルな面から見てみると結構面白いよ。
今私は脳科学の本に凝っています。
まず、脳波言い訳上手というとこに笑ったし、
経験値から来る直感というのはあながち間違ってないようです。

それから見る通貨を増やしたたら全部の通貨で同じことを
やってしまうリスクが増える(今の段階ではね)のでお勧めしません。
人は見たいように物をみるので、儲けたいという気持ちが強いと
全てのチャートがチャンスに見えてきた入りもしますしね。

まずは気持ちの余裕も大切なんじゃないかなー
あんまり肩肘はらずに行きましょう^^

No title

くるりさんは、稼げる手法を会得しつつある現状ですから、稼ぎたい気持ちのコントロールが出来るようになれば資産爆発も目の前なような気がします。
はやくくるりさんに追いつきたいものです。
仕事にトレードに家の事、などなど、どれもやらねばいけませんので、無理なく続けられる手法も作っていきたい所です。

No title

ひまママさん、こんばんは~!
何度も初心に戻ってしまうと、いつまで経ってもゴールにたどり着けませんが、せっかく初心に帰るのですから、戻ったなりの新たな太い道のりで前進したい所ですね。

こんばんは♪

稼ぎたい気持ちの暴走・・・

私も今 これかも・・・( ̄(エ) ̄||| ヒャァアアアア

やっぱり トレードノートを
すこしずつ 始めようかなぁ・・・と
思っています

そうなると ブログが書けなくなるかもですね(^▽^;)

仕事もきついので
さて どうしましょう・・・な 気分です・・・

お互い 淡々と ジワジワと♪
知らないあいだに増えていました~♪
な 状況を作っていきたいものですね♪


No title

私も、初心に帰ってやろうと思います^^

FXを始めた頃とは、トレードスタイルは全然違ってるけど
稼ぎたい気持ちは同じ。
焦る気持ちはもっと・・・(--〆)

がんばりましょ~ね♪
プロフィール

toppiy38

Author:toppiy38
老後といわず人生の節目に備えるため、小銭を蓄え続ける派遣社員です。

画RSS
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR