退場直前パニック!

皆さま、急に涼しくなって体調を崩していたりしませんか?

私はさっそく鼻かぜ+胃腸かぜのような症状に苦しめられております。

さてたまには週間成績以外にも記事を書いておこうと思います。

というか自己反省の意味を込めた記事ですね。


先日各相場が急落しましたが、少しずつ値動きも落ち着き始めたのでトレードをぼちぼち開始しました。

通常5000通貨でエントリーするところ、ちょっと冒険して15000通貨でエントリーしようとしまして、注文画面よりカチカチッとLot数を【15】と入れ注文しました。

するとポジション情報が、普通ならスプレッドの関係もあって赤字で[45円]みたいにマイナス表示が出るはずなのに、[4500円]ぐらいの数字が一番新しい行に記載されていました。

更に証拠金維持率の表示も赤くなり。

「?」

「注文はじかれちゃったかな?」

と思いつつ「何かおかしいぞ。なんだ、なんだ?」

「!?」

そこで気付いちゃいました。

注文したLot数が【155Lots】でした。

もう頭の中、パニックですよ。

通常5000Lotの人間が、31倍の取引をしちゃったんですからねぇ。

あわてて成行決済注文を出しました。

無事、プラスの決済で脱出することが出来ましたが、一歩間違えば【瞬間退場】となっていたことを考えると、なんて恐ろしい体験をしたんだろうと思いました。

ケアレスミスで退場なんて、後悔してもしきれませんからねぇ。

パニックでよく覚えていませんが、維持率は105%の赤字表記となっていたような。

維持率が200%を切ると黄色の表示となるのは、何度か味わっているのですが、赤字は確か今回が初めてだったと思います。

黄色でドキドキしているのに、本当に心臓に悪い体験をしてしまいました。

その後、冷静になってからトレード再開しましたが、やはり5000通貨はホッとしますね。

ただ怖いのは数秒で5000円もプラスになったハイレバトレード、これにハマると元の世界に戻れなさそうな気がしますね。

ハイレバで常にトレードされている方々は、いつもこんな世界でトレードしているのでしょうねぇ。
強い精神力がないととても持ちそうにありません。

当面の間、身の丈に合ったトレードを心がけようと思います。

~*~

週間トレードの報告では、1月のスイスショックに続く、見事な敗北っぷりをご披露いたします。

こうご期待あれ!
スポンサーサイト

成績が伸びないと焦りますがな。(8/17~8/21:今週のトレード結果)

皆さま、何となく真夏が終わり、秋の気配を感じ始めたと思いませんか?

食欲の秋に備えて、胃腸の状態は万全にメンテナンスしておきましょうね。

さて前回の記事でブログ4年目に突入しました!なんて報告をしましたが、今週のトレードも散々たる結果となりました。

もうエントリーするポジションがことごとく逆指値にかかってしまい、まともな勝ちトレードがありませんでした。

毎度の事ながら気持ちが折れそうになります・・・。

もともとFOMC待ちで方向感のつかみ辛い相場だったのでしょうが、それでも強引な感じでポジっていたのも原因なんでしょう。

折れそうな心を「ぬぅ~おぅ~!」と奮い立たせ、今週のまずい所を洗い出してやるぜ!このヤロウ!


半ばヤケッパチですが、思い当たる問題点は次のあたりかなぁ。

(1)【休むも相場】ができない。

だいたい順張りトレードを基本に組み立てている状態なのに、トレンドの出ていないレンジ相場でも同じようにトレードをするのは【愚の骨頂】でした。

せめて逆張りの自分ルールを作っているのなら分かりますが、準備していないならトレードするだけ負けますよねぇ。


(2)エントリーのスタイルもいつの間にか滅茶苦茶に!

ボリンジャーのミドルラインで相場の目線を判断していたのですが、もう一つサポートの基準が欲しかったので、移動平均線を1本追加したんです。

すると2本の線がクロスを始める訳ですね。いわゆるゴールデンクロス、デッドクロスです。

これが今までの自分ルールと混ざってしまいトレードスタイルが混乱した訳です。

(3)ポジションのlotがいつの間にか大きくなっている!

これはさっさと損失を取り返そうという、あまりに短絡的な精神状態を数字で表しちゃている典型的なパターンですね。

研究トレードなんだから、しばらく損が続くことも承知のはずなんですが、やはりそこは人間、簡単には割り切れないものです。

(4)ダメ押しでもう一つ!

トレードを行う時間足チャートがしっかり定まらずバラバラ。

見ているチャートは30分足-5分足-1分足に決めたはずが、ちょくちょく60分足に変えたり15分足に変えたりしています。

少しでも早くポジりたいからなんでしょうねぇ。

エントリーに使うチャートも形の良いものを見つければ、そのチャートでエントリーしてしまうので、もうなにがなんだかよく分からなくなってしまいます。

自分のトレードスタイルが確立していないためでしょうが、それでももう少しスタンスを決めていかないと、負けトレード製造装置になるのは間違いなしですね。

~*~

まぁこんな支離滅裂な状況なので、トレード成績が悪くなるに決まっています。

泣き言を言っても始まらないので、とにかく初心に戻ってトレードルールなどを再点検してみようかなと思っております。

ただせっかくいろいろと失敗もしましたので、これらもうまく再利用できればなぁと考えております。

中国発の世界同時株安状態、リスクオフへ一気に傾いてきました。

「しっかり大波に乗るか、読み辛い荒波はうまくやり過ごすかはあなた次第」といったところですが、パニックトレードにはならないようポジる時も出口の時も一呼吸おいてからにしましょうねぇ。

今週もお疲れ様でした!

~★~~★~~★~~★~~★~~★~~★~~

今週1週間分の結果報告です。


【口座の決裁状況】

ヒロセ通商LION FX(裁量)  ①1,940円  

セントラル短資(長期スワップ、資源国通貨裁量トレード)  ①5,203円

【合計】    合計 ①7,143円


≪LIONトレード成績≫

 ※通貨量は、ほぼ5000通貨でトレードしています(たまに10,000通貨)。

 28決済(15勝13敗)
 勝ちトレード: 140.9Pips(平均 93.9Pips)/ 9,975円(平均: 665円)
 負けトレード:△127.3Pips(平均-97.9Pips)/ -8,100円(平均:-623円)
 ※スワップは考慮せず。一般的なPips表示にしてみました。
 PF:1.23
 平均トレード時間:5時間29分

記事でも書きましたが、やってもやっても成績が上がりません。
本当にフラストレーションが溜まってしまいます。
それではいけないとわかっちゃいるのですが、難しいものです。

とにかく上位時間足の見立てをもっとしっかり行おうと思います。
大きな流れに逆らっても、怪我をするだけですからねぇ。

4年目突入!本文ダラダラ長いです。(8/10~8/14:今週のトレード結果)

皆さま、お盆休みを取っている方もいらっしゃると思いますが、あまり羽目を外さないようにしましょうね。
休み明けの勤務が、厳しくなりますよ~。

さて本ブログですが、開始したのが2012年8月11日だったんですね。

お陰様で無事4年目に突入することが出来ました。

これもブロ友の皆様がいつも暖かいコメントを書き込んでくれたおかげでございます。

せっかく書いたブログに反応がないと続ける意欲が激減してしまいますよね。

読んでもらった方に少しでもためになる情報があれば、フォローもしてもらえるのでしょうが、ご存じのように私のブログには有益な情報は皆無な状態です。

それでも訪問してもらって、さらにコメントも頂く。

本当に幸せな事だと思いました。

またFXブログを続けられるという事は、とりあえず相場で無事生き残っている事でもあると思います。

でも今後もそれが続くかどうかは、自分のリスクコントロール次第ですから、謙虚にコツコツ精進したいと思います。

~*~

初心を振り返ってみるのもたまには良いと思い、ブログの第一回を改めて読み返してみました。

自分のトレードスタイルが随分と変わりつつあるんだなぁ、と実感しました。

以下は本ブログの第一回本文です。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

いよいよブログを始めていきたいと思います。

とはいっても意気込んで続かないのも悔しいので、のんびり~ななブログにしたいと思っています。

お金持ち目指してファイトォ!!

いきなり「ファイト!」と意気込まれても困ってしまうでしょうから、まずは当ブログのスタンスをご紹介します。

【トラリピをメインとして、その他諸々の手段を使って目指せ年利20%!】

レバレッジを使った投資としては控えめな目標ですが、やはり長く安全に続けることを考えるとこのくらいが丁度よいかなぁと思い立てた目標です。
(それでも年利20%なら元本500万円も13年目で5000万円になっちゃうようです。)
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

と、ずいぶんのんきでありました。

文中にもありますが、3年前はトラリピをメインにしておりました。

今でも年間投資目標は年初資産の20%に設定しております。

ただしトラリピはメインどころかほとんど撤退しちゃいました。

やはりエントリーも利確・損切りも自分の責任で行い、許容できる損で確実に損切りすることが出来る裁量トレードを磨き上げたほうが、結果としてはリスクを限定できる気がしたのです。

裁量トレードと言っても危険なハイレバトレードではなく、リスクの取り方も≪裁量≫で調整できると考えた訳です。

トラリピが間違いという事ではありませんよ。

でも何年もトラリピを続けてきたからこそ気付きましたが、メリット以上のデメリットを感じたという事ですね。

これまで行ったトラリピ成績を合計したら、たぶんそれなりの成績となっているはずです。

でもそれほど大勝もしていないと思います。

AUDNZDのトラリピは長期で一方通行となったうえマイナススワップになりましたし、EURCHFショックでも大きな損失を被りました。

たまたまその通貨ペアがやられたんでしょ?と思われるでしょうが、そうなんです。たまたまなんですよ!

でもその「たまたま」で、コツコツ積み上げたものがいっぺんにはじけ飛ぶ世界なんですね。

含み損がたっぷり乗ったポジションをじーっと持ち続けながら、いつ爆発するか分からない地雷の上に乗り続けているという事なのではないでしょうか。

トラリピという手法、仕掛ければ後は何もせずウッハウハというものではなく、しっかりとリスクがある手法なんだよという事を書きたかったので、これからもトラリピをされる方は「そんなことは百も承知なんだよ!」と読み捨てて下さいね。

あと必ず「出口」を決めて、トラリピは行いましょう!

~*~

長期でトレードを続けていこうと思っている方は、何かの節目を迎えるにあたってトレードスタイルなどを見直すこともありなのかもしれませんね。

数年にわたって成績が落ち込むかもしれませんが、これからも安全運転をしつつ自分が納得できるトレードを目指して、鍛錬していきたいと思います。

トラリピから裁量トレードにスタイルを変えたことで、退場になる可能性が増えたかもしれません。

ただどうせ退場するなら納得できる退場にしたいので、頑張っちゃいますよ!

ブログ4年目はちょっと区切りとしては微妙ですが、メインのトレードスタイルを裁量にチェンジした区切りとして、記事にしちゃいました。

こんな支離滅裂なブログですが、今後ともよろしくお願いしますね!

~★~~★~~★~~★~~★~~★~~★~~

【口座の決裁状況】

ヒロセ通商LION FX(裁量)  ①10,883円  

セントラル短資(長期スワップ、資源国通貨裁量トレード)  ①6,023円

【合計】    合計 ①16,906円


≪LIONトレード成績≫
 ※今週の通貨量は、ほぼ10,000通貨でトレードしています(たまに15,000通貨)。

 42決済(30勝11敗1分け)
 勝ちトレード: 191.7Pips(平均 63.9Pips)/ 20,693円(平均: 689円)
 負けトレード: △99.3Pips(平均-90.2Pips)/ -9,930円(平均:-902円)
 ※スワップは考慮せず。一般的なPips表示にしてみました。
 PF:2.08
 平均トレード時間:57分

今週は2回、ロスカット注文を入れずに損切りを見逃してしまいました。
そのうち1つは何とか脱出していますが、もう1つは含み損の状態です。

厳密にロスカット注文を入れ続けていたのですが負けが連続した時がありまして、そこで気持ちがプツンと切れちゃったんですね。

急にLotを15lotsに増やしてエントリー。

エントリー直後は利が乗っていたのですが、急に値動きが反転してあっという間に含み損となりました。

成行の決済注文も入れることできず。頭も真っ白です。

こうなると仕方ないので、とりあえず頭を冷やすためにお風呂に逃亡。

もう一度、冷静に相場に向き合おうと頭をリセットしました。

こんなに暴走トレードとなるのは久しぶりでしたね。

ここ数週間利益が伸びていないため、いろいろと焦りも出ていたようです。

もちろん含み損を一切気にしない以前のトレードのように成績を伸ばす事は難しいですが、現状での新しい利益見込みの計画をしっかり立てないと、焦りだけが先行しちゃいそうです。

またこんな状態ですが、ひとつ試したい事が出てきました。

それは現在行っている短期トレードの手法を利用して、4時間足程度の中期トレードができないものかという事です。

日足-4時間足で、もう少しゆったりした値幅でのトレードを行ってみようかなと思っております。

こちらも基本順張り。見込みが外れれば即損切り。

このスパンならそれほどチャートに張り付く必要もありませんので、短期トレードとのすみわけも可能かなと思った次第です。

ブログも4年目に突入しましたので、目に見える進化を遂げたいものですね。

そうそう、今月のLIONバトルですが、商品がキャンプセットなので、エントリーしませんでした。

あのリュックサックがねぇ。

以前いただいたのですが、デザイン的にも使えないし、ゴミとしてもかさばるし(ゴミも有料なのよ)。

なので今月後半は、落ち着いてトレードの研究をしていこうと思います。

7月のトレードスタイルはこうでした(8/3~8/7:今週のトレード結果)

皆さま、7月もあっという間に終わってしまい8月に突入しましたね。

暑さもより一層厳しくなっておりますが、トレードは集中して立ち向かいたいものです。


月曜日、新たな目標と共に気分も一新してトレードを開始しましたが、気負い過ぎたのか、なんと連戦連敗のスタートとなりました。

振り返ってみれば単純なミスでした。

5分足のチャートでブレイクアウトを仕掛けていたのですが、長期チャートの30分足チャートがほぼトレンドレスだったのです。

本来仕掛けるとすれば、レンジ上端・下端での逆張りとなる状態だったのですが、まさかの順張りトレード。
(現在、順張りトレードの練習中なので、逆張りは基本避けるようにしています。といって何が何でも順張りというのもイケマセンネ。)

もちろん上位時間足チャートも確認して臨んでいるのですが、ほとんどトレンドレスなのに自分に都合よく解釈してしまいエントリーした訳です。

これは【ポジポジ病】の一症状なんでしょうね。

私の研究トレードでは、原則順張りトレードとしているのですが、どうしてもエントリー出来ないような相場だと、エントリーの条件が整わなくても勝手に理由を付けてエントリーしてしまうことが多々あります。

自覚があるので、より始末が悪い訳です。

こんな状態では、自分のトレードスタイルについて良い所悪い所の評価をする事が出来ませんので、何とかしないといけません。

そこで8月のトレードテーマは「トレード精度の向上」をすでに掲げていますが、これを大テーマとしながら、小テーマとして「エントリー条件の順守」を設定しようと思います。


ちなみに7月から研究トレードを始めましたが、1カ月かかってとりあえず次のようなトレードスタイルを作ってみました。

【現在のエントリー条件】

30分足と5分足のトレンドを見ながらトレード。
実際のエントリー・決済は5分足or1分足です。

使っているツールは以下の通り。

 ・一目均衡表の雲・遅行線:サポート・抵抗を見るため
 ・ボリンジャーライン:トレンドの動きだし・レンジを見るため

【エントリーの手順】
□ 30分足のミドルライン(一目均衡表の遅行線 ボリンジャーバンドのミドルライン)の傾きを確認する。
  □ ミドルラインが右肩上がりならロング目線
    □ 5分足のミドルラインの傾きを確認する。
     □ ミドルラインが右肩上がりならエントリーの準備を開始
       □ 直近高値更新:更新ラインに再度戻った後、反発確認エントリー
       □ 損切:直近安値から5~15pipsに設定
    □ (条件2:現在は設定無し)
  □ ミドルラインが右肩下がりの場合、エントリーせず。

 □ ミドルラインが右肩下がりならショート目線
   □ 5分足のミドルラインの傾きを確認する。
     □ ミドルラインが右肩下がりならエントリーの準備を開始
       □ 直近安値更新:更新ラインに再度戻った後、反発確認エントリー
       □ 損切:直近高値から5~15pipsに設定
     □ (条件2:現在は設定無し)
   □ ミドルラインが右肩上がりの場合、エントリーせず。

共通:□ 50~100pips程度利が乗ったら、逆指値移動(5~10pips)。
   □ 状況によってはトレンド判断に雲とローソク足の位置を考慮する。


完全順張りトレードと思っております。

自分がこれだ!と思ったトレンドが崩れたら、躊躇なく損切りしています。
慣れてきたら、エントリー条件2を付け加えようと思っています。

皆さまから見ればもの凄く単純なトレードルールだと思いますし、一番大切なトレンドの捉え方が、まだはっきりしていませんので、これだけでは勝てそうにありません。

でもまずはテーマに沿って自分ルールの順守を徹底させる意味で運用したいと思います。

~★~~★~~★~~★~~★~~★~~★~~

今週もやったぜ1週間分の結果報告です。


【口座の決裁状況】

ヒロセ通商LION FX(裁量)  ①△136円  

セントラル短資(長期スワップ、資源国通貨裁量トレード)  ①6,117円

【合計】    合計 ①5,981円


≪LIONトレード成績≫
 ※通貨量は、ほぼ5000通貨でトレードしています(たまに10,000通貨)。

 50決済(24勝26敗)
 勝ちトレード: 236.5Pips(平均 9.8Pips)/ 18,175円(平均: 757円)
 負けトレード:△285.1Pips(平均-10.9Pips)/-18,311円(平均:-704円)
 ※スワップは考慮せず。一般的なPips表示にしてみました。
 PF:0.99
 平均トレード時間:32分

今週は連敗からのスタートとなり、気持ちも落ち込みそうになる所を「負けても次がある!」と言い聞かせながらの踏ん張りトレードを行っていました。

めげて落ち込んでも利益になりませんからね。

トレード自体は5分足のチャートで行っていたのですが、5~10pipsを取りたいというトレードだとチャートが間に合わないような気がしたので、1分足チャートで週の途中からトレードをするようにしてみました。

こうなるとデイトレードというよりスキャルトレードに近くなっている気もしますが、トレードの失敗をダラダラと引きずらず、目論見が外れればすぐに損切りできるので、自分に合っているのかなぁと考えております。

基本的には仕事から帰った後の限られた時間なので、そうそうチャートに張り付くこともできないので、大波を待つより小波でチャプチャプしたほうが良いのかなぁと思った訳です。

Ryoko姉さんがも「ヤシマ作戦」といって3波目を狙っていますが、5分足で波の戻りを待つより1分足の方が待つ時間は短くなりますからね。

もちろん精度や波の大きさは落ちますが、来週は1分足をメインにしてコツコツと5~10Pips取るトレードをしてみようと思います。

それにしても50回もトレードして、136円の負け。
時間を無駄に過ごしているのか、ここが踏ん張りどころなのか、さてさてどうなんでげしょ~?

トレードバトル無事終了!(7/27~7/31:今週のトレード結果)

7月も何だかんだと終わってしまいましたね。

皆さま、元気にトレードできましたか?

元気のない状態でトレードすると良い結果は出ませんから、チャートの形を暗い気持ちで分析するよりも、上向きのメンタルに自分をセットしてトレードしましょうね。

先週後半に自分の失態から泥沼状態のトレードとなっておりますが、めげずにトレードを続けております。

どうやら気持ちはまだ切れなかったようで、先週の失敗であるストップロス注文については、確実に設定を行っております。

結構損切りも発生していますが、先週の教訓で「ストップロス到達はトレード失敗を思い知るべし!」と納得しましたので、凹むよりもより良いエントリーが出来ないものかを考えるようにしております。

~*~

さて週末相場が休んでいる中、トレードスタイルについて見直しなどしておりましたが、ブロ友さんのれすぽ~るさんが書かれたテクニカルについての記事をじっくり読んでおりました。
(れすさん、勝手に宣伝しちゃってごめんなさい。迷惑でしたらリンク消します!)

れすぽ~るさんは、株をメインとされていますがFXでもすさまじい伝説を作りつつある凄腕トレーダさんなのです。

いつもパイタッチ!!しているようですが、トレードへの向き合い方などとても参考にさせてもらっております。


チャートは私もトレードをする際に必ず見ておりますが、その動きの成り立ちまで意識した上でトレードはしていませんでした。

移動平均線に近づいてきた、MACDがデッドクロスだ、雲を抜けたとか、それぞれのサインについての判断しかしていませんでした。

れすさんの記事を読んでいる中で【需給】と【ダウ理論】というものが気になったんです。

ダウ理論では、市場すなわち為替レートはすべての情報を織り込むといっています。

チャートはトレードに参加しているトレーダーの心理状態などいろいろな要因が形になったものと言えるので、とにかくそのチャートの形などを徹底的に観察すれば良い事になりますよね。

そこで次に私が始めたのが【チャートパターン】の学習です。

いわゆるWトップとか逆三尊とかフラッグ、ペナントといったものです。

これらのパターンとダウ理論を意識していけば、買い手と売り手の需給バランスも感じることが出来るような気がしたのです。

もちろん一朝一夕で理解して実行できるわけではないのですが、ただチャートをニョロニョロと眺めるより相場の勢いなどを感じられるときがあります。

また直近安値や高値を更新する際の投資家心理を意識しながらトレードすると、トレードも楽になったような気がしております。

ダウ理論をトレードする際に考慮することで、一番楽になったことは【損切り】についてかもしれません。

いままではエントリーポイントから近いサポートラインや一目均衡の雲などを目安にしていましたが、利確幅とのバランスを見たとき、結構離れていることが多かったりします。

ロング時には直近安値を切った時、ショートなら直近高値を超えた時をトレンド終了と判断して、損切の設定をするようにしました。

これはダウ理論のトレンド終了判断を考慮したものなので、勝手な自分判断の損切りではないことも損切りに対する根拠となる訳です。

また何より損切りの設定レベルが分かりやす事も助かっています。

底なしの損失より、さっさと負けを認めて次のトレードチャンスを見つける方が、何かと良い事も実感できつつあるのかもしれませんね。

~★~~★~~★~~★~~★~~★~~★~~

今週もピチピチだぜ、1週間分の結果報告です。


【口座の決裁状況】

ヒロセ通商LION FX(裁量)  ①3,939円  

セントラル短資(長期スワップ、資源国通貨裁量トレード)  ①8,106円

【合計】    合計 ①12,045円

≪LIONトレード成績≫
 ※通貨量は、ほぼ5000通貨でトレードしています(たまに10,000通貨)。

 62決済(44勝18敗)
 勝ちトレード: 336.3Pips(平均 7.6Pips)/ 22,612円(平均: 513円)
 負けトレード:△298.9Pips(平均-16.6Pips)/-18,775円(平均:-1,043円)
 ※スワップは考慮せず。一般的なPips表示にしてみました。
 PF:1.20

さて研究トレードですが、何とか1カ月続けることが出来ました。

今までまともに【損切り】を行ってこなかった私からすれば、実に疲れた1カ月でしたし、それ以上に脳みそを使った気がします。

トレード成績はこれまでのヤケッパチトレードに比べれば格段に落ちましたが、それでもプラスで終わったことは評価したいと思います。

何より嬉しかったのは、1カ月トレードしてみて駄ポジが残っていない事が素直に嬉しかったです。

勝率100%なんて無理なわけですから、負けて当然、中勝ち出来るぐらいのトレードが出来ればと思っています。

とりあえず1か月情報を蓄積しましたので、8月のトレードをどのようにするかを週末に考えて見ようと思います。

7月のテーマだった【逆指値を必ず入れる!】は、多少失敗もありましたが何とか実行できたので【合格】とし、8月のテーマについては次の段階【トレードスタイルの精度向上】に取り掛かりたいと思います。


【Lionトレードバトルについて】
今月のトレードバトルも無事終了しました。
結果ですが、PIPS損益状況が1,854pips(380位)でした。
総合累計損益は13,020円で442位。最後の最後で、大きな損を出してしまいました。

小林社長は、PIPS損益状況が1,084pips(492位)だったので、何とか勝利となりました。

それでも今回は研究トレードを用いてのバトルだったので、含み損でのマイナスはほとんどありませんし、プラスで終われたのも満足しています。
プロフィール

toppiy38

Author:toppiy38
老後といわず人生の節目に備えるため、小銭を蓄え続ける派遣社員です。

画RSS
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR