自分ルールくらい守りんしゃい!(7/20~7/24:今週のトレード結果)

いや~、やってしまいました。

今週から始まりましたヒロセ通商のトレードバトルですが、やってしまいました…。

月曜日から水曜日の三日間は、自分ルールに則ってしっかりと損切りも行いつつジワジワと成績を伸ばしていたのですが、魔の木曜日に悲劇は襲ってきたのです。

~*~

「悲劇」といっても単純に発注ミスなんですけどね。

ユーロ円がスルスル~っと動いたので、ロングをポチッと成行でエントリーしまして、数分別の事をしていたんです。

そしてスマホのポジションリストを見てみると、見慣れない通貨ペア「ポンド円」があるじゃないですか。

もちろん最近ポンド円もトレードしているので、ポジションがある事については不思議ではないのですが、あるはずのユーロ円のポジションがないのは「?」となる訳です。

結局、スマホのチャート画面から発注画面に切り替える時に、通貨ペアを変更せず発注してしまっただけの事なんですが、そこからが悪循環。

今まで頑張って自分ルールに従って指値・逆指値を入れ続けてきたのですが、こんな時に限って入れていなかったのです。

そういう時に限って、相場は悲しい方向に動くもんで。

木曜日、ポンド円は指標発表を機に大きくポンドが売られましたでしょ…。

もうね、その時点じゃ、損切をする気分にならない訳ですよ。


更にね、木曜日は体調不良だったもので、有給を取って寝ていました。

ちょっと相場が気になって、回らない頭でチャート見たらよさそうな動きだったのでエントリーした、そんな最悪ポジだったわけです。

それが判明した時に損切りを躊躇なく実行しなければいけないのですが、あの瞬間に損切りをすると今週積み重ねた利益がすべて吹き飛ぶ額だったのです。

もう躊躇も躊躇です。

久しぶりの利益積み上げ状態だったので、どうしても「えいや~!」と損切りをすることが出来ませんでした。

そうなると昔の悪い癖がこのトレードをきっかけに吹出す吹出す。

時間足の反発を機にナンピンしても底ではなく、ズルズルとさらに下がるし。

あの一手とあの躊躇が、すべてを狂わせましたね。

もちろんトレードバトルの順位も無残な状態です。
(画像も貼る気が起きません。悲惨な状況をご覧になりたい方はトレードバトルの順位表をご覧くださいませ。「とっぴ41」でご検索下さいませ。)

~*~

とにかくこれまでのトレード自体は無難な成績を残していることはせめてもの自信とし、それ以上に今回のような発注ミスなどを起こさないよう、気を引き締めないといけないといけませんね。

それに体調が悪い時は、やはりトレードはしない方が良いです。

そんな時はチャートも見ちゃダメです。


今回のポンド円ロングは、仕方ないのでしばらく塩漬け決定です。

ショートじゃなくてよかった。よかった(涙)。

でも、やはりポジった時に機械的に淡々と逆指値を入れるメリットというのが大きいことを痛感しました。

トレードスタイルの精度向上によって勝ち数を増やすことはもちろん必要ですが、エントリーした際に設定した逆指値というのは、そこまで来たらそのトレードは失敗なんだよと自分でエントリーしたトレードの負けを確定する必要があると思うのです。

何回も連続して逆指値に引っかかってしまうから逆指値を入れたくないというのは相場の方向や強弱が読めていない訳ですし、もう少し違う時間足のチャートを見てみるなど解決策はある訳です。

今回、研究トレードを開始してから初の大失敗をやらかしましたが、しっかりと週末に分析と問題点の洗い出しなどをしたいと思います。

まだ研究トレードは1か月もやっていないですし、諦めるのはまだ早い!

~*~

それにしても窮鼠さんのトレードバトル、すごい成績を叩き出していますねぇ。

やはり研究熱心窮鼠さん、結果をしっかり出しています。

私も見習って相場に向き合わないと!

本当に、刺激になっております。

~★~~★~~★~~★~~★~~★~~★~~

今週も健気に1週間分の結果報告です。

【口座の決裁状況】

ヒロセ通商LION FX(裁量)  ①9,583円  

セントラル短資(長期スワップ、資源国通貨裁量トレード)  ①6,049円

【合計】    合計 ①15,632円


≪LIONトレード成績≫
 ※通貨量は、ほぼ5000通貨でトレードしています(たまに10,000通貨)。

 48決済(36勝12敗)
 勝ちトレード: 3,028Pips(平均84Pips)/17,558円(平均:487円)
 負けトレード:△1,526Pips(平均-127Pips)/-7,995円(平均:-666円)
 ※スワップは考慮せず。
 PF:2.19
 ※±50円未満の即時撤退が21回ありました。集計の際、こんな決済はどう評価するのが良いでしょうね~。

記事本文にもことの顛末は書いておりますが、一つの油断や妥協から傷口がガバッと開いてしまうそんな気分を味わった2日間でした。

この先、Lotを上げた時にこんな状態ではたちまち退場ですよね。

しっかり逆指値を入れていれば、現在残ってしまった3駄ポジ分だって3000円程度の失敗手数料で切り抜けてなおかつまだ利益で終わっていた訳です。

もちろんタラレバですが、そんな事を気付かせてもらった失敗なのかもしれませんね。

このままだと、まさかのLIONトレードバトル反省会2回目の栄誉を獲得してしまいそうです。

来週は、しっかり自分ルールを守りつつ、トレード精度も上げていきたいと思います。
スポンサーサイト

トレードバトルスタート!(7/13~7/17:トレード結果)

皆さま、暑さにやられていませんか?

私はしっかりやられております。腰も痛いし・・・。
めげずに頑張って参りましょう!

さてギリシャ問題は根本的な所の解決はできておりませんが、とりあえず一つの山を越えて関係者の笑顔が多くニュースで見られました。

でもメルケル首相は1ユーロたりとも債務の減免は認めないとコメントしていますし、まだまだ高い山がありそうですね。

~*~

今日は「海の日」でお休みの方も多いと思われますが、日中はイベントらしいものもなく動きも少ない相場でしたね。

ロンドン市場が開いてから動き出しましたが、動かない相場ではどうしようもないので、無理はしないのが一番です。

また今日からヒロセ通商の「トレードバトル」が始まりました。

今月もエントリーをしていますが、今回は行き当たりばったりトレードではなく、研究用トレードで勝負をしていこうと思っております。

という訳で、今回は負け賞品の「あられ」になりそうです。

課題としては、バトルというイベントに左右されずに淡々と自分のトレードスタイルでトレードできるかどうかといった所かなぁと思います。

~★~~★~~★~~★~~★~~★~~★~~

今週もやったぜ1週間分の結果報告です。


【口座の決裁状況】

ヒロセ通商LION FX(裁量)  ①2,502円  

セントラル短資(長期スワップ、資源国通貨裁量トレード)  ①16,544円

【合計】    合計 ①19,046円


≪LIONトレード成績≫
 ※通貨量は、ほぼ5000通貨でトレードしています(たまに10,000通貨)。

 23決済(14勝9敗)
 勝ちトレード: 2,102Pips(平均150Pips)/10,610円(平均:757円)
 負けトレード:△1,420Pips(平均157Pips)/-8,095円(平均:-899円)
 ※スワップは考慮せず。
 PF:1.31

研究トレードを開始して、やっとこさプラスで週間成績を終わらすことが出来ました。
2週間、マイナスが続いていましたので、正直ほっとしております。

今週は通貨ごとに損切値と利益確定値を変えてトレードをしてみた事が、影響したようです。

またドル円、ポンド円、ユーロ円の3通貨ペアでトレードしましたが、ドル円が一番成績を残すことが出来ました。

ギリシャ問題などでのイレギュラーな動きの影響が一番少なかったからでしょうか?

動きは少ないですが、デイトレードなどでコツコツ稼ぐなら、ドル円が素直なのかもしれませんね。

トレード内容の反省をするといろいろな事に気付くものですね。

これまでただ「○○円勝った!、○○円負けた!」とやっていた自分は情けない限りでございます。 

もっと真面目にトレードに向き合わないといけませんね。

利少損大トレード続く…。(7/6~7/10:今週のトレード結果)

皆さま、天気予報はよくご覧になりますか?
我が家では天気予報を妙にしっかりと見ております。

そんな中、気象衛星ひまわり8号が実用運用を開始しました。

天気予報業界としてはものすごいニュースな訳で、どのテレビ局でもどの時間帯の天気用法でも新気象衛星のすごさを紹介しております。

確かに今回のバージョンアップはもの凄い!

なぜなら「ついに画像がカラー化」したからなんですよ。

雲の状況を見るんだから白黒分かればいいじゃないと思うでしょうが、地上では4K、8Kの性能を争っている現在です。

それに雲の動きなどの更新時間も30分から2.5分となりもう「ヌルヌル」のなめらかさ!

画像解像度も積乱雲のモリモリ具合までくっきり!

もう天気予報好きにはタマリマセン!

すぐには天気予報の精度が上がる訳ではないそうですが、今後蓄積する新しいデーターによって観測精度は向上するとの事です。

FXでも、新しいツールの登場でトレード方法などが革新的に変わることもあるでしょうから、FX業者などの動向やニュースなどにはアンテナを張っておく必要があるのかもしれませんね。

~*~

さて研究トレードですが、度重なる損切りにも負けずめげずに続けております。

新規ポジションに対しての逆指値設定率は何とか100%を維持。

まぁこの「維持率」、正直「何をそんなことにこだわっているか?」というものなのですが、長年損切りをいい加減にしてきた私にとっては、かなり重要な数値なんです。

お風呂に入る前にポジってしまった時、以前ならそのまま放置してお風呂に入ってしまい、入浴中ソワソワした挙句、出てきてパソコンを見るとドカンと含み損。すでに想定損切り値から大きく離れてしまったので、もうそのまま戻るまで放置。

こんなダメトレーダーですから、禁煙治療と同様に損切の【矯正】を行わなければいけない訳です。

2週間実行した結果トータルでの成績はマイナス驀進中ですが、ギリシャ・中国関連で大きく動いた中、ほとんど含み損は拡大していませんでした。

以前だとこんな値動きの場合、ひたすら【逆張り】で落ちるナイフを掴み続けブクブクと含み損を膨らませていたのですが、これって少しは研究トレードの成果が出てきたプチ嬉しい現象かもしれません!(いや気のせいかも)

この損切り矯正と並行して、新しいトレードの自分スタイルも模索しています。


今のところこんな感じ。

・基本チャート:60分足/エントリー用:5分足
・チャートスタイル:ボリンジャーバンド、一目均衡表(雲と遅行線)
・トレードスタイル:順張りデイトレード(20~50pips程度をコツコツ目指す)


このスタイルで数日運用しているのですが、問題は損切り

サポートラインチョイ下に逆指値をしているのですが、どうしても利少損大となってしまうのです。

目指す利益Pipsと逆指値幅Pipsの割合が利少損大なので結果こうなるのはわかるのですが、すぐにストップロスというのも嫌だなぁと思うのがダメなんでしょう。

そこでネットで調べてみると順張りの場合はエントリーした際の直近高値・安値を損切りにしているトレーダーさんが多いようです。
順張りで反対の動きとなったら[負け]をすぐ認めましょう、という事なんでしょうね。

私の損切り設定は、もしかして【逆張り】用なんでしょうかねぇ?

まだまだ【逆張り】根性が私を支配しているようですね~。

悔しいです!!

~★~~★~~★~~★~~★~~★~~★~~

今週もやったぜ1週間分の結果報告です。


【口座の決裁状況】

ヒロセ通商LION FX(裁量)  ①△10,403円  

セントラル短資(長期スワップ、資源国通貨裁量トレード)  ①13,492円

【合計】    合計 ①3,089円



≪LIONトレード成績≫
 ※通貨量は、ほぼ5000通貨でトレードしています。

 45決済(25勝20敗)
 勝ちトレード: 2,683Pips(平均107Pips)
 負けトレード:△4,280Pips(平均214Pips)
 
相変わらず利少損大の状態が続いております。

そして今記事を書いていて思ったのですが、こんな研究用トレードだったら5000通貨はリスク取り過ぎなのでは?
トレードスタイルも全く確立していないのに、普段と同じ数量というのは暴挙だったか?
せめて3000通貨位にしようかな。

それはさておき、現在のスタイルですが結論としては損切りに対して利確が早すぎるのですよね。

これは結果を見れば一目瞭然。

それではそうすればこの状況を脱出できるか?

現在60分足でトレンドを確かめてから、5分足で同じトレンドを確認、高値(安値)を更新したらエントリーするという「完全順張り」トレードをしています。

またある程度(100Pips)利益が出ると、逆指値の位置を10pipsあたりに変更して微益でも利益を確保しますが、これも原因の一つなのかもしれません。

今週はこのスタイルを取り続けていますが、何度も書きますが結果は利少損大となっています。

平均Pips数でも完全に1:2の絶対負け負けパターンなんですよ。

しかも250Pips以上粘れた勝ちトレードは、わずか3トレード。

これでは絶対に利益を出すことが出来ません。

なのでまずは勝ちトレードの設定Pipsを150Pipsあたりを目標に、逆指値は100Pipsあたりを目処にトレードをしてみようと思います。

利少損大の関係を変えていかないと、いつまでたっても勝つことが出来ませんからね。


勝ちトレーダーになるのはまだまだ遠そうですが、少しでも到達するタイミングを早くして見せますよ!

うまくいかないものですねぇ。(6/29~7/3:今週のトレード結果)

皆さま、ギリシャに振り回された一週間でしたが、無事に過ごされましたか?

ギリシャ首相のいい加減さ振りに、もうお腹いっぱいです。

先週からトレードスタイルを変えて、損切設定率100%を実行しておりますが、今週も一週間無事にルールを守り通すことが出来ました。

おかげさまで、トレード成績はズタボロに(号泣)

先ほども書きましたが、ギリシャ関連のニュースが出るたびに反転してしまい、度々逆指値に引っかかってしまいました。

原因としては、指値・逆指値を検討するチャートが5分足であることかなぁ、と考えております。

5分足チャートに一目均衡表を表示させて、【雲】上限(または下限)や雲から離れている場合は、自分で引いたトレンドラインを逆指値の数値に採用しているため、値幅が200pips(Lionは小数点3桁)程度となります。

そのため急なニュースなどによる値動きに引っかかりやすいのでしょう。

対策としては、もう少し長い時間足を使って指値・逆指値のポイントを離す事が考えられますが、もちろん損失も大きくなります。

Lotを下げて対応する事も検討するべきなのかもしれません。


あと、トレード自体のスタイルを煮詰めていく必要があります。

今のところ、一目均衡表の基本ルールに則ったトレードをしていますが、ここ数日の悩みどころが、使う時間軸をどれにするかなんですよね。

結局、一目均衡表かボリンジャーかというレベルよりも先に、まず自分がデイトレードをするのかスキャルピングをしたいのか、スイングなのかをしっかりと決めていかないと何も決められないような気がしております。

一般的なpips表記でいうと、10~20pips程度を日々3~4回取れれば位を想定しているのですが、これだとスキャルではなくデイトレードなのかなぁ、と思っています。

そうなると今まで通りの5分足-30分足ぐらいが丁度よいのかなぁ、突発的な値動きは仕方ないと思って割り切るのかなぁ、と思うのですがデイトレーダーの皆さま如何でしょう?

まだまだ試行錯誤が続きそうですが、少しでも結果につながってくれると精神的にも楽になるのですよねぇ。

そうそうこのトレード研究はヒロセ通商の口座で試験運用としています。

セントラル短資では、今までやってきたトレードを引き続き行っておりまして、大きな波にいい加減に乗ったトレードをしています。

いづれはこちらの口座でも、より精度を高めたゆったりトレードが出来ればと思っているのですが、何分そこまで手が回りませんね。

明日の朝はどちららにしても大きく動きそうです。
慌てず冷静に相場が落ち着くまで、油断しないようにしましょうね!

~★~~★~~★~~★~~★~~★~~★~~

今週もやったぜ1週間分の結果報告です。

【口座の決裁状況】

ヒロセ通商LION FX(裁量)  ①△78,777円  

セントラル短資(長期スワップ、資源国通貨裁量トレード)  ①9,220円

【合計】    合計 ①△69,557円

しばらく成績が低迷すると先週書いておりますが、宣言通り成績は低迷しております。

ただし新型トレードスタイルでの損切りではなく、今回の大型損切りはそれ以前の負の遺産を償却した結果であります。

6月29日に大きく円高に振れたので、ポンド円のショートを一部損切りしました。

まだまだ残っているので、明日のギリシャ国民投票次第で損切りを実行するかもしれません。


≪LION研究トレード成績≫

 29決済(17勝12敗)
 1,604Pips △2,486Pips
 △4,379円
 ※ポンド円損切りは含まず。

勝ち数は何とか負け数を上回っていますが、Pips数でも損益金額でも負けとなってしまいました。
まだまだ利少損大という状況ですので、勝負の仕方について大いに悩みどころがありそうです。
今週は一目均衡表でのトレードをしてみましたが、明日からは別のトレード法を一部試してみようと思っております。
しばらくは勝ち負けというより、自分のトレードスタイル探しを優先させる必要がありますが、どこまで負けトレードに精神力が耐えられるか、そこが肝になりそうです。

近道はなさそうですが、あまり遠回りもしていられませんので、今週もいろいろチャレンジしたいと思います。
プロフィール

toppiy38

Author:toppiy38
老後といわず人生の節目に備えるため、小銭を蓄え続ける派遣社員です。

画RSS
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR