値ごろ感トレードと塩漬けトレードからの脱出!

皆さま、こんばんは~。
久しぶりに週間トレード結果の報告以外に記事を書いております。

終末にいろいろとギリシャがやらかしてくれていますが、週明けの相場はやはり荒れていますね。

私は逆お宝ポジをわんさかと持っているので、これ幸いにと損切りを行っております(もちろん泣く泣くですよ~)。

ポンド円のショートポジがメインですが、もう建値は遥かかなたですし、ギリシャショックが和らげば、アメリカに続いて利上げの話も出てきたりもするので、カクンと下げたところでポツポツと損切りをしている次第であります。

この悲しい作業、しっかりと損切りを各ポジション行っていれば無用の作業なんですよね。

その時々しっかり損切りを行うか、その苦行を先送りにするかなんでしょうねぇ。

2015年の高額勉強代としてがっつり支払いとなりますが、レベルアップしてしっかりと取り返してやらないといけませんね。

~*~

前回の記事で「損切り」を第一弾の目標としましたが、とりあえず週明けの相場でも無事ルールを守って、トレードを行っております。

最初はエントリーの際、通貨ごとに設定した指値Pipsと逆指値Pipsでの運用をしていましたが、どうしても逆指値のポイントがレジスタンスでもなんでもない所に設定されてしまいます。

そのためあっさりと損切りとなった後に反発してしまう事もしばしば。

さすがにこれはちょっともったいないので、エントリーと損切りポイントの考え方をもう少し整理・調整してみました。

使っているチャートは一目均衡表なので、エントリーと逆指値を設定する際に次の点を確認しながらトレードを行います。

(1) 基準線と転換線の関係
(2) 遅行線とローソク足との関係
(3) 雲との関係

一目均衡表について詳しくはネットで検索してもらう事としまして、現在のトレードはこの3点を最低限確認しております。

この3点は一目均衡表を使っている方のほとんどが意識をしてみているポイントなので、通常時の値動きでは要所要所でしっかりサポートされたり跳ね返されたりしています。

そのため私は利確や損切のポイントとして利用させてもらっていますが、一目均衡表の特徴である「雲」、その上限、下限はポイントに使いやすい基準ですね。

視覚的にも抵抗帯の≪厚み≫や現在足よりさらに数本先の状況まで表示されるので、使ってみると面白いチャートなんですね。

これに私はボリンジャーバンドを組み合わせて使っております。
このあたりはまだまだ試行錯誤なんですが、反発するポイントが掴みやすいので、お気に入りの組み合わせかもしれません。

またこれまでほとんどやらなかったトレンドラインをチャートへ積極的に記載しています。

普通、ラインを書き込むのは当たり前ですが、そんな当たり前を私はやっていませんでした。

前に使っていたPCが非力で、ラインを記入するとチャートが固まってしまってそれ以後使わなくなったのですが、やはり実際にチャートへ書き込むと予想の当たり外れがよくわかるでしょうから、面倒くさがらず実行しようと思います。

トレンドラインの記入は、チャート足と雲が離れてしまっていて逆指値を設定するにはムムムという時にサポートの判断として使っています。

引き方がまだ甘い事とスマホアプリでは使えないため、補助的な役割と割り切っています。

自分ルールを開始して効果テキメンとなったことの一つとして、エントリーの回数が異様に減りました。

当たり前のことですが、利益も減りましたが含み損を含めた損失は減りました。

いわゆる「値ごろ感」(それも視覚的)からのエントリーが減ったのだと思います。

エントリーしたいと思った時に、改めて自分ルールのルーチンを当てはめてみて、条件に合っていない状態だったときにはエントリーせず「こりゃダメだ~!」とさらに気持ちをリセットしています。

それにしてもこれまでは、いかに何も考えずにエントリーしていたか、それがわかっただけでも今回のチャレンジは成果を出しているかもしれません。

~*~

持ちっ放し塩漬けトレーダーからの脱却。

ちょっと大げさかもしれませんが、これが実現できれば私のFX歴に大きな前進として記すことが出来る程、大事件のような気がします。

今後、大きなロットで運用する事を目指すなら、避けては通れない要素だと思いますし、何よりポジションを持ち続けるリスクも意識しないといけませんよね。

当分成績が落ちても、めげずに頑張ろうと思いますよ~!
スポンサーサイト

トレードスタイルの見直しだ!(6/22~6/26:トレード結果)

最近、トレードについて悩んでおります(仮名:Toppiy38さん)。

~*~

いきなりですねぇ。

そう、私はお気楽能天気にみえて実は悩んでいるのです。

いつもある意味何も考えずにトレードをしているから当然なんでしょうが、それではいつまでたっても丁半博打になってしまいます。

もちろん「なにも考えずに」とは書きましたが、むやみやたらとトレードしている訳ではなく、やれ移動平均線だとかMACDだとか見ながらはトレードしています。

でもそのルールの縛り方があまりにも緩いんでしょうねぇ。

ルールがルールでなくなってしまい、単なる「こんな感じかな?」「あ、うまくいった!」「だめだった~。」ぐらいの状態となっています。

こんな状態ではとても証拠金を安定して増やすことは難しいのではないかと、最近は特に悩んでおります。

特にお風呂に入っている時が、一番悶々としております。

リラックスして入浴できないので、疲れも抜けないのかもしれません。

ちゃんと身体を洗っているかどうかも、心配になります。

それは半分冗談としましても、このままではイカン訳ですよ。


何となくトレードを修正するためにも、自分のトレードを整理する必要がありそうです。


【現在の自分トレード】

これは現在ヒロセ通商で行っているトレードです。

(1)通貨ペア:USDJPY/EURJPY/GBPJPY

チャートを見た感じで動きがあって好きな形の通貨でトレードします。

(2)見ているチャート

日足・60分足・5分足

5分足でエントリーしようとした時に忘れなければ60分足を見ます。
でも結構忘れて後で反省します。

(3)分析ツール

移動平均線(75-50-25)、平均足(日足・60分足)、ストキャスティクス(5分足)平均足でトレンドを判断して、ストキャスティクスでエントリーのタイミングを取っています。

(4)取引数量

5000通貨~15000通貨

といったスタイルでトレードを行っております。


これだけ書くと、それなりにまとまっているような気もするのですが、実際のトレードの結果を見れば、残念な状態である事は一目瞭然。

結構な逆お宝ポジションがたくさんあるのです・・・。


【なんで残念な結果に?】

1.明確な損切りが出来ていない。

まずこの点は、最大の改善しなければいけない課題です。

これでも数年前に比べれば損切もするようになったのですが、それでもすべてのポジったポジションについてできているかと言えば、出来ていないのです。

特にちょっと目を離した際、指標発表などで大きく逆を突かれてしまったポジについては「見て見ぬふり~」となってしまうのが悪い癖。


2.トレードスタイルの不明確さ

チャートの形という「直感」を優先してしまっているのもイケマセンネ。

もみあいで来ていた状態で急激に動き出すと、慌てて乗っかってしまう訳です。

上手くいくこと3割、高値・安値づかみが7割ぐらいの印象かも。



【それで、どうする?】

どうにかできれば、こんなことを悩む必要もない訳で。

初心者トレーダーの多くが、この辺にはまり込んでしまうのでしょうか?

しかし何とかこのレベルからもう一つ成長しなければいけません。


1.やれることからコツコツと。

そうなんです。

理想的なルールをたくさん作っても守れなければ【絵に描いた餅】となります。

いっぺんにルール化しないで、まずはやれそうなレベルのルールから始めようと思います。


2.自分ルール第一弾は損切りだ!

やはり「損切り」についてのルールから、習慣化しないとどんなに勝ってもユロスイショックなような事件で全て水の泡になりますよね。

そこで第一弾は【損切】をテーマにしたいと思います。

前回記事に書いた【松竹梅】ルールは今回考えずにもっとシンプルに守れそうなルールにしたいと思います。

そしてダラダラしないように【ルールを守った日数】も設定してみます。

そのルールはこちら。

≪エントリーした全てのポジションに対して、必ず逆指値を入れること≫

すみませんね。当たり前の当り前の最低限のルールで。

でもそれが出来ていなかったのが、私のトレードなんですね。

まずは最低限のルールの徹底から始めてみます。


【今後の課題】

損切りが出来るようになったとしても、10戦10敗ではさすがに意味がありません。

そこで必要となるのが、トレードの手法という事になります。

とりあえずは自分ルール第一弾に慣れる事がまずは大事なので、新手法を同時にはスタートできませんが、せめて【レンジ】【レンジブレイク】【トレンドの向き】を意識してトレードしてみようと思います。


【とりあえずの報告】

ルール開始後3日となりますが、20勝12敗でした。874pipsのプラス

損切り注文入力率は100%達成です!

しかし、わずか3日でしたが、えらい疲れました。

エントリーの回数も激減しました。

いかに何も考えずにホイホイとエントリーしていたかと思うと、結構怖かったりします。

それと、損切り、エントリーのタイミングと精度を向上させるために、いろいろなチャートなどを試しています。

ちょっとハマりかけているのが、一目均衡表です。

改めて一目均衡表の意味などを復習しておりますが奥がとても深いですね。

一日でも早く、稼げる自分スタイルを発見したいと思います。

~★~~★~~★~~★~~★~~★~~★~~

今週もしっかり1週間分の結果報告です。


【口座の決裁状況】

ヒロセ通商LION FX(裁量)  ①8,235円  

セントラル短資(長期スワップ、資源国通貨裁量トレード)  ①10,389円

【合計】    合計 ①18,624円

ヒロセ通商の口座は損切りをしっかりするようにしましたが、何とかプラスで終わらせることが出来てホッとしています。

しばらくは成績が低迷すると思いますが、これも先行投資と思って試行錯誤していこうと思いますよ。

2015年上半期の反省をそろそろ(6/15~6/19:今週のトレード結果)

皆さま、いよいよ今年も半分が終わろうとしておりますねぇ。

前半戦の戦績は年初に計画していた通りに進んでいますか?

それとも予想以上?予想以下?

私はといいますと、やはり1月の初っ端にお見舞いされましたEURCHFショックが痛かったですね。

あの時のマイナスは取り返してはいますが、計画と比べてみるとまだ余裕はない状態かもしれません。

週刊トレード結果にも書いていますが、ポンド円のショートポジが結構痛い状況となっているのも、気持ちに余裕がない原因かもしれませんね。

さらに気持ちに余裕がなくなる原因として、派遣法改正が引っかかっております。

国会では派遣法改正(いや改悪)の法案が衆議院を通過しましたし、ある意味3年の死刑執行猶予みたいなもんですからねぇ。

我々のような高齢派遣労働者には、先のないブラック法案と呼べるのではないでしょうか。

は~、お先真っ暗だ・・・。

とはいってもめげてしまえばそれで「負け」確定ですからね。

全勝しなくてもトータルで勝てるトレードを目指して、修錬していこうと思います。

でも最後に一言。

政権与党の馬鹿野郎! 役立たず野党の馬鹿野郎!

ちょっとはスッキリ~!
 
~★~~★~~★~~★~~★~~★~~★~~

今週はしっかり1週間分の結果報告です。

というか、週間報告なんだったら、しっかり週刊にしなさいよとは突っ込まないでおくんなまし。


【口座の決裁状況】

ヒロセ通商LION FX(裁量)  ①△53,652円  

セントラル短資(長期スワップ、資源国通貨裁量トレード)  ①43,740円

【合計】    合計 ①△9,912円

あっという間にポンド円は20円上がっちゃった訳で、ここまで一気に円安になるとは正直油断しました。

結構なショートポジションを作っておりまして「調整したら損ぎ切るぞ~」なんてのんびりしてましたら、かなりの破壊力を持つ駄ポジとなってしまいました。

ここまで強気のポンドですから、生半可なネタではトレンドは変わりそうにありませんので、潔く損切りを開始しました。

それでも一気にはクリアにせず、徐々に撤退を考えております。

今週はギリシャ問題も何らかの進展がありそうですから、少しでも証拠金に余裕を持たせたいもんですね。

ギリシャ問題、早くスッキリして~!(5/25~6/12:トレード結果)

皆さま、気が付けば3週間も間をあけてしまいましたが、いかがお過ごしでしょうか?

関東地方も梅雨に入ってしまいましたし、何となくモヤモヤする時期なんでしょうねぇ。

トレードしていても、何となく方向感が感じられずニュースのヘッドラインにのみ反応して動くような相場な感じがしまして、こちらもモヤモヤしている原因なんでしょう。

結局、元凶としてはギリシャ問題なんでしょうね。

債権団もギリシャ政府も譲れないところが、交渉で大きなウエイトを占めちゃっているもんですから、まさににっちもさっちもいかなくなっているようです。

チプラス首相が交渉では「わかったよ~!」なんていい返事をしたと思ったら、帰国して国民には「あんな馬鹿な事言ったってねぇ、無理でしょ!」という八方美人的な対応もあるようです。

各方面にいい顔したってこんなやり方では破たんすることぐらいいい年した大人ならわかるような気がするのですが。

いや、せめて辻褄ぐらいは合わせるのが「大人」だと思いますよ。

まぁ政治家の精神力は、我々平民には理解できない面もありますからねぇ。

ちなみに私だったら、3日と持たず胃ケイレンをを起こして入院すると思います。

とにかく「誠心誠意」「腹を割って」「うそ偽りなく」話し合いを行ってほしいものですね。

たぶん、政治家にとって一番苦手なんでしょうけれども…。

~*~

ヒロセ通商のトレードバトルが開始されました。

30万通貨のトレードが最低条件ですが、これをクリアすれば負けても勝っても何かしらキャンペーン商品がもらえます。

以前は10万通貨だったのですが、いつの間にか30万通貨に。

最初は達成するのもイッパイイッパイだったのですが、最近は気が付いてみればクリアしている感じです。

ヒロセ通商としてみれば、まさに「カモ」の鏡的顧客でしょうね。

でも3,000通貨で1円や50銭の値幅を待つ時間的リスクより、1万通貨で20銭~30銭をサッサと頂いてしまったほうが、良いのかなぁと思ってトレードしています。

もちろんこの場合は損切りの設定を厳格にしていかないといけないでしょうね。

いろいろと試行錯誤ですが、そのルールを考えている状態です。

最近考えている損切りルールはまだ漠然としたレベルですが、【3パターン損切りルール】的なものです。

一つの損切りルールで厳格に運用すると、どこかで無理が来るものです。

なので3つのレベルに分けて考えて見た訳です。

【松竹梅損切りルール】として、煮詰めていけたらなぁと思っております。


そうそう、LIONバトルはまだエントリー出来ますからねぇ。

含み損もカウントですから、タイミングによっては【小林社長と反省会】の権利もゲットできるかもしれませんよ~!

~★~~★~~★~~★~~★~~★~~★~~

それでは何と3週分のトレード結果です。


【口座の決裁状況】

ヒロセ通商LION FX(裁量)  ①△24,785円 ②22,951円 ③47,967円 

セントラル短資(長期スワップ、資源国通貨裁量トレード)  ①17,383円 ②36,412円 ③5,284円

【合計】    合計 ①△7,402円 ②59,363円 ③53,251円


本当は、ブログ記事を一つ下書きしていたのですが、そのことをすっかり忘れておりました。

あ~、もったいない・・・。

といっても大した内容でもないので、お蔵入りです。
プロフィール

toppiy38

Author:toppiy38
老後といわず人生の節目に備えるため、小銭を蓄え続ける派遣社員です。

画RSS
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR