FC2ブログ

いろいろと根負けしそう・・・。

とにかく暑いですね。

長い梅雨が明けたと思ったらこの猛暑ですから、さすがに身体がおかしくなりそうです。

というかおかしくなっているかも。

特に頭が。

頭が痛くなったり、ボーっとしている時間が多くなっている気がして、熱中症の初期症状かもしれませんので、十分気をつけたいと思います。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

さてトレード。

今週も上手く行きません。

そして大き目の損切りを実行。

絵に描いたような≪コツコツドカン≫ですね。

損切りの甘さが原因というのはいつものことなのですが、やはり大きな原因は「取引Lotが大きくなっている」ことかもしれません。

やはり≪勝てないことへの焦り≫だったりLotを大きくすれば利益も大きくなるという誘惑だったりなんでしょう。

でも利益は大きくなりますが、含み損もあっという間に膨れ上がります。

それは当然のこと。

もちろん分かってはいるのですが、誘惑には勝てず。

5回含み損となった場合に4回程度は損切り撤退できているのですが、残りの1回が気持ちが切れてしまい損切りできず≪放置≫となってしまう。

その放置ポジが積み重なって、また取り返そうとして無理なエントリーを繰り返し、そのうち身動きが取れなくなってくる。

自分のトレードスキルは感覚として「ものすごくゆっくりだけど、いちおう進歩はしている」といった自己分析ですが「ゆっくり過ぎて、たぶん資金が枯渇するのが先だろう」が現実のようです。

今回のような失敗を防ぐには取引精度のアップは当たり前ですが、なかなか具体的な目標ではありません。

なので、荒治療ですが次のような感じでトライしたいと思います。


①これまでの取引Lot2万通貨を1万通貨×2にする。

②エントリーは1時間足トレンド発生が最低条件。
 初回エントリーは1万通貨。
 その際、日足のトレンドも確認すること。逆トレンドならエントリーしない。

③追加エントリーはナンピンだが、エントリーはサポートライン等で反発を確認できた場合に限りエントリーとし、損切りはトレンド消滅ラインで全て決済する。


ルールの狙いですが、最初のエントリーを現在の半分にすることで損失額を軽減することが出来ます。

また一時的な含み損だった場合でも、トレンドが継続していれば追加ポジによって取得単価を下げることが出来ます。

最終的に損切りとなった場合でも、2万通貨でエントリーした場合より損失は減らすことが出来ます。


言い方を変えればエントリーをラインではなく「ゾーン」で狙ってみようということです。

もちろんピンポイントでベストのレベルを狙えれば理想ですが、ヘタッピなのでなかなかそう上手く行かないのが現実です。

またエントリーをゾーンにしたとしてもそのゾーンが根拠のないものであれば意味がありませんが、根拠として「1時間足のトレンド転換」と「日足のトレンドに逆行しない」を入れていますので、かなり優位性は高いと思います。

今年も年間損益はトータルマイナスでしょうから、今さら取り戻そうなんて思わなければ良いのですが、なかなか人間そう無欲にはなれませんね。

何にせよ、やれることはどんどん試して改善させるしかないですし、資金が無くなれば終戦宣言出すしかないので、くよくよせずトレードに励もうと思います。
スポンサーサイト

ブログ更新が面倒に感じる今日この頃。でも更新!

参議院議員選挙も盛り上がり無く終わりましたね。

皆様、選挙には行かれましたか?

とても興味など持てない選挙ですし、行くだけ時間も無駄になりそうな選挙ですが、散歩と思って投票には行きましょうね。

自分はこれまでの選挙を皆勤していることもあって、どんなに票を入れたい候補者や政党がなくとも、投票には行っております。

こうなると単なる【意地】だけですね。

国家の成熟度が老齢期に入っているような日本では、選挙なんてそんなレベルのものなんでしょうね。

この地球上には選挙権を得るために戦争しているような国もある訳ですから、せめて当たり前のように手に入っている【選挙権】は行使しましょうね。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

なかなかブログの方も更新できておりませんが、トレードの方は、相変わらず進歩のない【非情】な戦いを繰り広げております。

増えた、減った、と一喜一憂しないようにしているのですが、それでも1週間終わって集計すると、ほとんど増えも減りもしないと、さすがに気が滅入ります。

それに先週は駄ポジのいくつかを損切りしたこともあり、さらに気持ちはダークサイドに取り込まれそうな感じです。

それでもめげずに頑張れているのは、新しいトレードスタイルに挑戦しているからかもしれません。

手法は変えても、トレードの感覚が新しい手法に適合しないと失敗ばかり増えるようです。

100%手法を信頼してトレードすればよいのに、以前の旧手法を混ぜてしまい判断がおかしくなり失敗トレードとなってしまうことが特に多いです。

ただこれまで5分足や15分足などでトレードしていましたが、今は日足と1時間足のトレード。

トレンドの方向さえ読み間違えなければ、そうとう優位性は高いという手ごたえは感じております。

なので、今はトレンドの読み取り方に重点を置いて練習しております。

トレンドの読み取りが正確になれば、あとはエントリーのタイミングに慣れるだけ。

一か八かのやっつけトレードにはない、優位性の高いトレードを見につけることができれば、少しはトレードに対しても自信を持てるような気がします。

欲張って、焦って、一刻も早く結果を出したいと前のめりになりやすいですが、コツコツと鉄板パターンを身に着けられるよう、引き続き頑張りたいと思いますよ。

2019年前半戦を振り返って

さてさて2019年も7月に突入しましたね。

いわゆる後半戦スタートです。

仕事も生活もトレードも、前半戦の良いところは活かし、悪いところは素直に反省して、良い後半戦にしましょうね。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

ということで、2019年前半戦のトレードを振り返りたいと思います。

正直、あまり振り返りたくない過去ですが。


振り返りたくない一番の過去は、やはり年明け早々の【ロスカット】ですね。

これには本人もビックリするまで時間かかりましたよ。

驚くまで時間がかかるってこと、なかなかありませんね。

なんせ特段の事件が起きたわけでもないのに、強制ロスカットで保有していたポジションがまっさらになっていたのですから。


強制ロスカット自体ショックですが、年明け早々というのも精神的にガツンときました。

2018年も大きく負けてしまい、そこからの立ち直りを狙っていたのですが、立ち直るどころかロスカットですから、もうズタズタですよ。

裁量トレードどころかFX自体辞めてしまおうかとも思いましたが、やはりそれでは悔しいですし、もうひと頑張りしてから進退を考えることにしました。


それから裁量トレード自体の捕らえ方と、裁量トレード以外のシストレによる補完をいろいろ考えました。

本来、補完のために始めたソーシャルレンディングが、業者トラブルで大きな損失を出してしまったこともあり、資産形成の作戦も根本から修正する必要が出たことも想定外でした。


そんな中で、どんなトレードを見に着けたいのか考えたところ、一時の大勝ちではなく、安定した小勝ちを継続できるようなトレードを目指したい、という結論になりました。

それであれば暇さえあればチャートに張り付くようなトレードスタイルは必要なく、もっとゆったりしたトレードでも十分ではないか。

トレードのベースとなる時間軸も日足や4時間足のような長期足トレードのほうがかえって良いのではないか、と考えるようになります。


ただこれまで5分足や15分足でのトレードが染み付いてしまっていると、なかなかこのスタイルを変えるのは容易ではありませんでした。

実際、未だに長期足トレードの感覚はつかめておりません。

どうしても短期足でトレードしてしまいます。

それでも長期足のメリットというものを実感できるようになれば、スタイルも自ずと変わってくると思います。


このまま自滅するか、なんとか物にできるかの瀬戸際ですが、2019年後半戦で最低限の基本形だけでもモノにできるよう頑張らねばと思っております。

明るい2019年後半戦にしたいですね。

ロープ際の戦い!

皆様、トレード頑張ってますか?

頑張っても必ずしも報われない世界がトレードですが、チャンスを引き寄せるきっかけは増えるかもしれませんから、めげずに頑張りましょうね。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

さてさて、めげるなと言ってるそばから、すでにめげそうな私のトレード。

海外ハイレバ口座で作ってしまったドル円の塩漬けロングが、私をロープ際までガンガン攻め立てております。

一時はロープ際どころか意識を失いかけ、レフェリーから無情のテンカウントの声がおぼろげに聞こえてきたため、慌てて9カウントで立ち上がるような状況。

それでもG20前に108円に戻ってくれて、何とか生き残ることが出来ました。

ハイレバレッジ口座は、お気軽にポジションを構築することが出来ますが、いざ含み損となると一気に強制ロスカットの牙をむいて襲い掛かってきます。

そのことは重々承知しているので、結構しっかりと損切りも行なっておりますが、それでも損切りしそこなってしまった【悔しいポジション】というものがある訳です。

それが今回、襲い掛かってきた≪敵≫の正体です。

というか、損切り大事ですよね。

損切りして証拠金さえ無事なら、何とか復活できる可能性はあるわけですし。

また損切りしやすい位置でエントリーをすることも重要ですね。

分かっちゃいるけど、なかなか出来ない、それがトレード。

そこを何とかやってのけるしか道はない。

今回の危機を乗り切ったら、もっとこうしてああして、なんて考えるのですが、いつの間にかそんなことも忘れてしまう。

だからトレーダーとして成長しないのでしょう。

たぶんね、自分は一番カモにされやすいトレーダー層にいるのだと思います。

旨味の少ない部分で、ちょっと勝ちキャッキャと楽しんで、いつの間にかロープ際に追い込まれ退場を余儀なくされる。

悔しいですね。

相場を動かす大きな存在にくっついて美味しいところをちょっといただく。

そんなトレードを実現させるためには、どんなトレードスタイルで、どんな時間足を使って、どんな意識で市場に向き合えば可能となるのか。

負の無限スパイラルに陥らないよう、自己問答を続けたいと思います。

【損大利少】はアトピー性皮膚炎をひどくさせる(涙)

梅雨入りしたせいか、トレードの成績がパッとしません。

いや、梅雨じゃなくてもパッとしませんが・・・。

空梅雨は嫌ですが、長梅雨も困ります。

トレードの成績は、カラッと梅雨明けしてもらいたいですね。

*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

さてトレード。

本当に【梅雨入り】しております。

いい感じで利を伸ばしつつあるポジションが、トランプさんのツイートで建値決裁となってしまうこと幾たび。

それでカチンと頭にきて再度ポジって大きく負ける。

そんな苦しい状況が続いております。

イギリスのブレグジット問題や、中東のイラン問題、そして一時的には解決したメキシコ関税問題など、不透明かつリスクオフ要素満載の状況なので、なかなかしっかりしたトレンドまでは発生しません。

それでもトレードは完全休業できるほど気持ちに余裕はないポジポジ病トレーダーなので、トレードし辛い箇所で無理やりトレードするから負けるのです。

わかっちゃいるのにねぇ。

こればかりは根気良く改善し続けないと治らないでしょう。

ここ最近、証拠金が徐々に減少しております。

完全に【損大利少】です。

メンタルにも良くないし、ついでにアトピー性皮膚炎も久しぶりにひどくなっております。

★トレード勝てないとこうなる!

 ⇒ストレスたまる ⇒ アトピーひどくなる ⇒ 全身ひどいかゆみ発生

 ⇒トレード集中できず ⇒駄ポジを作成 ⇒ トレード負ける

 ⇒最初に戻る 


大人のアトピー性皮膚炎は、本当にメンタルが影響することを痛感します。

治すには、スマートにトレードで勝つしかない!

身体のためにも、のんびりじっくり勝てる、そんなトレードスタイルを一刻も早く確立しないといけませんね。
プロフィール

toppiy38

Author:toppiy38
老後といわず人生の節目に備えるため、小銭を蓄え続ける派遣社員です。

忍者RSS
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR