FC2ブログ

【ものすごく少し】ですが、成長しているかな?

皆様、秋真っただ中ですが美味しいものをいっぱい召し上がっていますか?

私は先日奥さんと何年かぶりに焼き肉へ行ったのですが、歳を忘れて食べ過ぎてしまったようで。

その晩腹痛でひどい目に遭いました。

やはり色々な意味で、加減という事も考えて行動しなければいけませんね。

とは言え、久しぶりのお肉は美味しかったです。

懲りずにまた焼きに行こうと思います。

~*~

さてトレードです。

今週は月曜日、火曜日とトレードする度に負けてしまい、どうやっても勝てないストレスの溜まるスタートとなりました。

二日間で【負け竹】レベルまで損失を重ねてしまったので、今週は何とか【勝ち梅】までは回復させようという気持ちでトレードしておりました。

ところが水曜日、たまたま保有していたポジションが想定以上に利益を稼いでくれまして、一気に【勝ち梅】回復!

気持ちも楽になったのかトレードに落ち着きも出来たため、優位性の高いエントリーまで待つことが出来ました。

また高値追いかけエントリーもダメならサッサと損切りできた事で、押し目待ち以外にもトレードチャンスを持てたのが良かったです。

私は勝てていない状態だとどうしてもエントリーを焦ってしまい、更に損切りも出来なくなるという悪循環が多くなります。

逆に、勝てて余裕がある状態では早い損切りも出来るので、敢えて押し目待ちに徹しなくても良いのかなぁと思いました。

もちろん余裕がない状態なら、やらない方が良いと割り切るのもメリットだと分かったのも強みかもしれません。


最近は、やられた分を取り返せる自信が【ものすごく少し】ですが持てるようになってきました。

これは一つの自信です。

でもまだまだ「なんとなく気が付くと勝っている」という状態でもあります。

自分に合ったペースのトレードも【ものすごく少し】ですが、固まってきた気がします。

でも今週のように前半戦ではボコボコになりました。


この【ものすごく少し】な感じをどうすれば【確固たるもの】に育てる事が出来るのかを考えないといけませんね。

具体的にはトレードの精度アップという事になるのですが、少しでも早くその答えを出さないといけません。

なので【検証】するしかありませんね。

もう少し自信がつけば、取引通貨量を更に増やすのですが。   

今は2万通貨。

とりあえずの目標は3万通貨。

3万通貨で無理が無くなったら、海外ハイレバ口座に再挑戦したいと考えてもいます。

ハイレバ口座なら3万通貨~5万通貨ぐらいでしょうか。

現状のトレード感覚の倍以上の破壊力です。

それでしっかり損切りできるなら、ムフフですよね。

思いっきり【タヌキの皮算用】ですが、それほど夢物語ではないと考えていますので、一歩ずつ具体化させていきたいと思います。

*─────────────────────────────*

≪松竹梅トレード2018≫
 42週目(2018/10/15~)    

 【勝ち松】 15回(15,000円~)    ←42週目
 【勝ち竹】 11回(10,000円~14,999円)    
 【勝ち梅】 4回( 5,000円~ 9,999円)  
 【未達成】 2回(0円~4,999円)   
 【負け梅】 7回(△1円~△9,999円)    
 【負け竹】 0回(△10,000円~△14,999円)
 【負け松】 3回(△15,000円~)       

 ≪30勝-10敗-2分け≫

※松竹梅トレードは1週間のトレード目標をおおよそ決めて、欲張り過ぎず
 無理のないトレードスタイルを身に着けることを目的にしています。

42週目。
出だしの2日間は、何をやっても損切りになるひどい二日間でした。
利が乗ってもう少し引っ張ろうと思うと反転して損切りに。
かなりのストレスを抱えておりました。
ただ水曜日から復調し利益を伸ばす事ができたので、最終的には【勝ち松】とする事が出来ました。
慌てず無理せず自分のトレードが出来れば何とかなる。
ちょっぴり自信がついた一週間でした。
来週は、奢らず欲張らずで頑張ろうと思います。
スポンサーサイト

君。勝ちすぎちゃいかんのだよ、出直してきなはれ~。

久しぶりに株式市場に動きがありましたね。

10月10日夜のNY市場ではダウ平均が831ドルの下落。今年3番目の下げ幅だったようです。

もちろん日経平均も1,000円を超える下げ幅となり、ツイッターなどでも随分と悲観的なコメントが急増しました。

これでアメリカ株式相場の上昇トレンドが崩れるかどうかなんて分かりませんが、まずはパニックにならないよう気をつけましょうね。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

さてトレード。


最近続いていた円安の流れでヒロセLion口座に残っていたドル円ロングポジションが全て無くなり、さらに今回の円高で引っかかっていたドル円ショートポジションも解消。

ドル円に関しては、やっとこさポジションゼロの状況となりました。

まだユーロ円については昔の名残が残っておりますが、それでもレバレッジは5倍以下、証拠金維持率も500%まで改善されました。

更にとんとん拍子で利益を確定させ【松竹梅トレード?バカバカしい!】みたいな天狗な調子に木曜日なってしまい、その後しっかりとその鼻っ柱をへし折られました。

分析もせず勢いだけで適当にエントリーしてしまい、やることなすこと全て相場と逆のエントリー。

最初は「損切りすりゃ、良いんでしょ?」みたいな調子でしたが、どんどん利益が削られていくと気持ちも折れ始め、さらに「まだまだ簡単に取り返せる!」と末期症状。

金曜日の夜は悲壮感漂うトレードをしておりました。

一時は【勝ち松】の倍以上の利益を出していた今週でしたが、終わってみれば【ただの勝ち松】に。

なんで調子の良い時にトレードを終わらせられなかったのだろうと思いました。

とは言えよくよく考えてみれば、凹むことないんですよね。

なぜならもともと自分の目標は【勝ち竹】、その上位の【勝ち松】を達成しているのですから、予定以上の勝ちな訳です。

だから気持ちを落とす事なんてないんです。

そうだToppiy、下を向くな!前をむけ!

という事で、来週も「調子に乗り過ぎないよう」常に初心に帰るつもりで、頑張りますよ!


*─────────────────────────────*

≪松竹梅トレード2018≫
 41週目(2018/10/8~)    

 【勝ち松】 14回(15,000円~)    ←41週目
 【勝ち竹】 11回(10,000円~14,999円)    
 【勝ち梅】 4回( 5,000円~ 9,999円)  
 【未達成】 2回(0円~4,999円)   
 【負け梅】 7回(△1円~△9,999円)    
 【負け竹】 0回(△10,000円~△14,999円)
 【負け松】 3回(△15,000円~)       

 ≪29勝-10敗-2分け≫

※松竹梅トレードは1週間のトレード目標をおおよそ決めて、欲張り過ぎず
 無理のないトレードスタイルを身に着けることを目的にしています。

41週目。
株式市場の急落に比べれば為替の方はそれほど動きませんでしたが、それでもトレードはしやすい環境でした。

気をつけたのはショートで安値掴みしないようにすること。
急落の反動が始まると一気に塩漬けポジにされちゃいますからね。

なので急落中ではなく急落開始直後のみエントリー。
それ以外は基本様子見で対応しました。

エントリーしたくなっちゃいますが、そこは【我慢】。
そんな感じだったので【勝ち松】を水曜日には達成していました。

ただここからがまずかった!
木曜日の夜、あまりに調子よく利益を伸ばしてしまったため、スタイル無視でエントリーしてしまい、その直後に急反転。
慌てて損切り、ドテン、また反転、損切りといった感じで、あれよあれよと利益を減らしてしまいました。

そのため、金曜日は初心に戻り丁寧にトレード。
なんとか【松勝ち】には戻すことが出来ました。

ひどいトレードが続きましたが、5千円~1万円程度の損切りなら取り戻す自信みたいなものが持てた気がします。
でももともと傷口が大きくならないようなトレードをしないといけませんよね。
でないと精神的にトレードに対する気持ちが持ちませんから。

楽に取れるところだけ淡々と取っていく。
難しいと思ったら、いったん撤退する。

これを重点にまた相場に向き合いたいと思います。

今年も残り3カ月。でも焦っちゃいかんゼヨ!

10月になっちゃいましたね。

2018年も税金考える上では、最後の3ヶ月(第4四半期)です。

私は昨年赤字でしたので確定申告では還付側となってしまい悔しい思いをすることに。

今年こそは何とか黒字を目指しておりましたが、先日のトルコリラで赤字決定

あとはどれだけ赤字を減少させられるか、と別のカテゴリでの利益に対して相殺させるかの作戦を考えないといけません。

赤字脱出はさすがに厳しそうです。


年当初のブログに目標的なことを書いておりますが・・・、

2018年は≪トレードを煮詰める≫、≪相場を大いに楽しむ≫としていました。


≪トレードの煮詰め≫
については、まだまだ試行錯誤ではありますが、少しずつ目指す形は見えてきたような気がします。

この点については残り3ヶ月で、一旦総括できればと思っています。


≪相場を大いに楽しむ≫ことについては、もうドッタンバッタン大いに楽しんでいると言うか笑うしかないと言った感じですね。

トランプさんのツイッター砲やトルコリラショックなどなど、事あるごとにやられている感じ。


ドリフの長さん的に言えば【駄~目だこりゃ!】と言った感じで、もうそれ自身を大いに楽しんで悲観的にならないように割り切っております。

悲観しても損切りした証拠金は1円も戻ってきませんからね。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

さてトレードですが。

毎日記録している『ひと言反省』(日記みたいなものです)を見直してみたのですが【上位時間足の確認が出来ていなかった】が、ダントツでした。

これまでも「エントリーするかなぁ」と思った際は、それなりに上位時間足を確認していたのですが、例えば1時間足と5分足の関係を疎かにしていたようです。


というのもいつも使っているチャート表示にその原因があったようです。

私が常時使用しているツールはヒロセ通商Lion.net版なのですが、こちら画面のタブ管理が出来るようになっています。

そのタブですが、これまでこんな感じで設定していました。

①長期足(日足or4H)
②中期足(1H)
③短期足(15S)
④5分足

上記4枚のタブにそれぞれドル円、ユーロ円、ユーロドルを表示。

これらを必要に応じて切り替えて使っていました。

見方も基本どおり、長期から短期に向かって切り替えながら相場状況を見ていたのですが、トレードを開始してしばらくすると③の15分足か④の5分足画面に固定されていました。

この状況で値動きが活発になるとその画面でのみトレードする様になってしまっていた訳です。


もちろん上位時間足画面に切り替えることもしますが、たいてい失敗トレードしたときは切り替えず単体の時間足チャートのみでトレードしていました。

要は上位時間足のトレンド状況を加味していないトレードだった訳です。

そこでエントリーを検討する際には以下のタブを積極的に使うことにしました。

もともとタブの設定はしていたのですが、あまり使っていなかったタブです。

⑤ドル円(1H、5S)
⑥ユーロ円(1H、5S)
⑦ユーロドル(1H、5S)

これまでこのタブは設定はしていたのですが、ほかの通貨の動きが分からなくなってしまうのでほとんど使っていませんでした。

でも私の反省で多く見受けられる【上位時間足を無視】という弱点に対しては、むしろこちらのほうが効果が高いことにようやく気付いた訳です。

これまでの①~④では同時間軸でのそれぞれの通貨に対する反応が一目で分かり強弱の判断は分かりやすかったのですが、現状の悩みに対してはむしろ悪い影響のほうが大きかったようです。


最近は通常③の15Sチャートで3通貨ペアの反応を見つつ、目立った動きやレジサポライン、トレンドラインなどに絡みそうになった際にその通貨ペアのタブに移動するようにしています。

こうすると短期時間足でショートしたいなぁと思って、念のため1H足での現在の位置を確認するとまだまだ上昇トレンドであり、絶好の押し目候補だったなんてことも結構ありました。


この気付きでまったく逆のエントリーになることがだいぶ減ったようですし、短期時間足では一発で突破し辛いようなラインも意識できるようになりました。

ドル円なら10~20pips、ユーロ円なら10~30pips狙いがちょうどよい感じです。

もちろんこれまで使っていた①~④のような時間共通のタブも役に立ちますので、それぞれの意味合いを大切にしながら、上手く連携をして効果を高めていこうと思います。


*─────────────────────────────*

≪松竹梅トレード2018≫
 40週目(2018/10/1~)  

 【勝ち松】 13回(15,000円~)    ←40週目
 【勝ち竹】 11回(10,000円~14,999円)    
 【勝ち梅】 4回( 5,000円~ 9,999円)  
 【未達成】 2回(0円~4,999円)   
 【負け梅】 7回(△1円~△9,999円)    
 【負け竹】 0回(△10,000円~△14,999円)
 【負け松】 3回(△15,000円~)       

 ≪28勝-10敗-2分け≫

※松竹梅トレードは1週間のトレード目標をおおよそ決めて、欲張り過ぎず
 無理のないトレードスタイルを身に着けることを目的にしています。

40週目。
高値圏もみ合いなどで方向感無い状態でエントリーをしてしまうとしっかり損切り。
値動きが出始めてトレンドが出来始めると、利益確保。

当たり前と言っては当たり前なんですが、取りやすいところは取れていて、取り辛いところは損切り終了。
これを淡々とこなすことが出来た今週は、しっかり勝つことが出来ました。

なのでこれからも徹底して【取りやすいところはしっかり取る】【わかり辛いところは手を出さない】を実行するしかないようです。

その見極めはある程度経験則になってしまうのだと思いますが、エントリー候補の水準を挟んだ上下の水平線との距離の比率や上位時間足の中での現在の位置などで判断できるように目指せればと思っています。

台風24号に注意!そして飛びつきエントリーにも注意!!

涼しくなったなぁ、と呑気にしておりましたが、先日東京では急に気温が下がり11月中旬の寒さとのこと。

1段階温かい格好では足りず、まさかの初冬仕様の上着など着ることになりました。

季節の変化くらい、順を追って欲しいものです。

年を取ると、そのちょっとした変化にもついて行きづらくなりますので。


それでもジョギングに関して言えば、真夏よりとても走りやすく気持ちの良い季節、走っている方も真夏より増えています。

真冬になるとまた人数が減っていくのですよね。

でも真冬のジョギングは、着替えて外に出てしまえば、実に気持ちよいものなんです。

汗をかきづらいのは確かですが、じっくり走っているとじんわりと汗が出てきます。

これがまた気持ちよい。

夏のダバダバ汗も気持ちよいですが、私は真冬のほうが好きですね。

ジョギング中は無心に結構なれますので、モヤモヤしている方はぜひ始めてみてはいかがでしょうか?

~*~

また台風24号が日本を縦断しております。

カーテンを閉めておくなど、ちょっとした心がけで怪我などの被害を減らす事が出来ます。

台風を甘く見ず、しっかりと対策をとりましょうね。

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

さてトレードですが。

日経平均がバブル崩壊前の最高値を一瞬なりとも抜いたそうで。

生活としては好景気をあまり享受できていませんが、日本株や米国株式の投資信託、ETFなどはしっかり成績を出していますね。


為替のほうもドル円が長らく突破できなかった113円にしっかり載せてきました。

トランプ大統領が為替について随分静かになったなぁと気持ち悪く感じておりますが、随分眠らせておいた塩漬けポジションをいくつか解消することも出来ました。

それでもまだ塩漬けポジションは残っているので、あと一息円安に振れてくれると嬉しいのですが・・・。


とはいえ、かなり裁量トレード用口座については、だいぶ証拠金維持率が楽になってきました。

ただいくら証拠金維持率に余裕が出来ても、以前と同様に甘い損切りをしていては同じことの繰り返しとなります。

損切りは当たり前として、これから目指すのは1トレード毎の取引Lotを大きくすること。

現在2万通貨で恐る恐るの状態ですが、それを3万、4万、5万としていきたいと思っております。

4万、5万は当分無理でも、3万通貨は現実化させたい所です。


一方、エントリー回数は減らせたら良いなぁと思っています。

勝ちやすいチャンスでトレードし、勝ちにくそうな箇所ではトレードしない。

そんなメリハリが出来るようにトレード精度の向上を行わなければいけませんね。

*─────────────────────────────*

≪松竹梅トレード2018≫
 39週目(2018/9/24~)

 【勝ち松】 12回(15,000円~)    ←39週目
 【勝ち竹】 11回(10,000円~14,999円)    
 【勝ち梅】 4回( 5,000円~ 9,999円)  
 【未達成】 2回(0円~4,999円)   
 【負け梅】 7回(△1円~△9,999円)    
 【負け竹】 0回(△10,000円~△14,999円)
 【負け松】 3回(△15,000円~)       

 ≪27勝-10敗-2分け≫

※松竹梅トレードは1週間のトレード目標をおおよそ決めて、欲張り過ぎず
 無理のないトレードスタイルを身に着けることを目的にしています。

39週目。

まだまだ飛び付きエントリーが多くて困っております。
頭では分かっているのですが、いざ注目してたラインを突破するとエントリーしたくてしたくたまらなくなってしまいます。
ブレイクアウトしたのち、戻り無くそのまま値が動いてしまうことのほうが少ないのに、このチャンスを逃したらもったいない!で飛び乗ってしまう訳です。

ここまで重症だと、一旦はブレイクアウト狙いを封印するのも手かもしれません。

稼げる時はもちろん稼げるのですが、失敗した時のダメージが大きいのがネックなんです。
ブレイクしたラインを再度割ったら損切りと決めていても、一瞬割っただけで相場の勢いがあるからもう少し様子見しよう、などと損切りを躊躇。
あとはズルズルと損失が増えていき、ドッカ~ンとなる訳です。

損切りできないならエントリーするな、と言うことも分かってはいるのですが、ブレイクアウト後にグイグイと伸びていく快感も捨て難く。

だからこそ、一旦封印して押し目トレードをもう少し安定される回り道をしないといけないのかもしれません。
押し目待ちトレードに自信が出れば、ブレイクアウトへの依存度も下がるはず。

1時間足で自分が取りたい部分をまずはしっかり意識してみたいと思います。

とはいえ9月最終週は【松勝ち】で終わらせること出来ました。
10月も焦らず頑張っていこうと思います!!

飛びつきエントリーを減らさないと…。

秋雨の時期だからか雨が多く、何となく憂鬱になりそうですね。

【鬱】にはまらないよう食欲に走るなり運動をするなり、しっかりと気分転換して行きましょうね。

いつも暴飲暴食ではいけませんが、気分転換という事ならOKだと思いますよ。


私はといいますと、鬱に落ち込むヒマなどありませんでした。

と言うのも5階の我が家から見える小田急線を見たいと何年にも亘って希望し続けてきた小学6年生の甥っ子の願いをついにかなえる日がやってきたからです。

複々線をガンガン往来する小田急線、そこには5種類のロマンスカーや相互乗り入れをするメトロ千代田線など、電車好き(私も含め)にはたまらない環境なんです。

なのでかなりコアな電車好きな甥っ子のためにも何とかしないとと言うのは表向き。


こう書くと何とも格好良い叔父さんですが、あまりにも部屋が散らかっているため呼べなかったというのが真の理由なんです(情けない・・・)。

「そのうちにね!」「いつかね!」なんてかわしてきたのですが、私の父が「いい加減呼んでやれ!」と鶴というか鬼の一言。

仕方なしに結婚して10年来になる手付かずのゾーンについても片付けることとなりました。


余裕を持って2週間前から片付けようと思っていたら夏風邪を引いてしまい、スケジュールが狂いましたね。

おかげで片付けのほうも突貫作業です。

何とか普通らしく見えるレベルまで片付けましたが、えらい疲れましたよ。

それでも甥っ子一家、とても喜んでくれまして。

もっと早く片付けて招待してやればよかった、と後悔しております。


まぁ過去を振り返って後悔しても時は戻りませんので、今度はこの片付いた状態を如何にキープするかをテーマに頑張ろうと思いました。

片付いていればロボット掃除機なども使えるわけですし(要はいろいろと床に置きっぱなしが多かった)。


年末までこの片付いた状態持つかなぁ(弱気)。

いや今月ぐらいはキープできるかなぁ(超弱気)。

いやいや弱気にならず頑張ろう!

~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~

さて先週のトレード(9/17~9/21)ですが、とにかく禁止事項の飛び付きエントリーばかりしてしまいました。

いわゆるブレイクアウト時のアクションですね。


【1】ブレイクアウトしそうなので、する前にビビッてエントリー。

これは本当に【悪手】ですね。

現実はブレイクアウトしていない訳で、これは単なる【希望】【理想】を背景とした妄想エントリーです。
たまたまエントリー後にブレイクアウトしてくれればラッキーですが、レンジ7割トレンド3割の相場ですから、この早期エントリーが花開く確立はとても小さいと思われます。
なので【悪手】。
妄想トレードなので、レンジに戻っても損切りを行わず、突破することを夢見つつ現実逃避となります。


【2】ブレイクアウトした瞬間にエントリー。

これは短期決戦的トレードならOKなのかなぁと思いますが、想定したような突破力がなく再びレジスタンスラインを割り込んでしまった場合は、即損切りが必要なのに、もたついて損切りできず駄ポジを高値、安値に置き去りすることになります。


この2パターンのうちさすがに【1】はかなり減ったのですが、【2】のほうはまだまだ頻繁にやってしまっております。

おおよそ損切りが出来ているのですが、値動きのスピードによっては損切りできず駄ポジのほとんどはこのパターンで作り上げてしまっております。

ブレイクアウトの1波ではなくその押し目である3波を狙うのが低リスクと頭では分かっているのですが、どうしても【乗り遅れたらどうしよう。戻りが無かったらどうしよう】という恐怖で1波エントリーしてしまっています。

いちおう現実としてレジスタンスラインは突破したことにはなるのですが、ラインなどというものは厳密なものではありませんから、多少の誤差は出るはずです。
なのである程度の「ゾーン」としてゆとりを見ないといけないのですが、それが出来ない。


対処として分割エントリーなど考えはするのですが、いざ実際のトレードでは面倒で実行できておりません。

ドル円がだいぶ円安気味に鳴ってきており、以前作ってしまった【駄ポジ】を解消できると、証拠金維持率も余裕が出来ます。

そうなったらもう少し監視する通貨ペアを増やして、無理してブレイクアウトを狙わずに【長期トレンドフォロー+短期トレンド転換】になりそうなペアを探したほうがリスクも減るのかなぁと考えております。

*─────────────────────────────*

≪松竹梅トレード2018≫
 38週目(2018/9/17~)

 【勝ち松】 11回(15,000円~)     ←38週目
 【勝ち竹】 11回(10,000円~14,999円)    
 【勝ち梅】 4回( 5,000円~ 9,999円)  
 【未達成】 2回(0円~4,999円)   
 【負け梅】 7回(△1円~△9,999円)    
 【負け竹】 0回(△10,000円~△14,999円)
 【負け松】 3回(△15,000円~)       

 ≪26勝-10敗-2分け≫

※松竹梅トレードは1週間のトレード目標をおおよそ決めて、欲張り過ぎず
 無理のないトレードスタイルを身に着けることを目的にしています。

38週目。
週成績としては【松勝ち】とする事が出来ましたが、どうしても飛びつきエントリーが多くなってしまい、気持ちの悪い【プチ塩漬け】期間が多くなってしまった週でした。
ユーロ円などは押し目が少ない上昇となったこともあり、どうしても押し目狙いが機能しづらかったこともありますが、プチブレイクアウト狙いとしても反落した場合に身動きが取れなくなるようではいけませんね。
それでも大きめのトレンドに逆らわないだけでも良しとしましょう。
プロフィール

toppiy38

Author:toppiy38
老後といわず人生の節目に備えるため、小銭を蓄え続ける派遣社員です。

忍者RSS
最新記事
カテゴリ
最新コメント
リンク
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR